【マーメイドS(G3)】(2020総合分析予想篇)

20マーガレットSd.jpg
マーメイドSG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

格上挑戦馬の活躍が目立つ一戦!?


画像
2015年(タイム良2.00.5 前半36.6 / 後半34.7)


画像
2016年(タイム良1.59.3 前半34.9 / 後半35.7)


画像
2017年(タイム良1.59.5 前半36.0 / 後半35.0)


画像
2018年(タイム良1.59.1 前半35.3 / 後半35.0)


19 3F.jpg2019年(タイム良2.00.3 前半35.3 / 後半36.0)


【マーメイドS】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
19-15-15-151位-11-11-92位-10-10-93位
18-9-11-91位-6-7-92位-5-4-44位
17-4-3-25位-5-5-54位-7-7-92位
16-3-2-17位-14-14-111位-2-3-55位
15-13-15-141位-11-7-56位-15-11-113位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢


重賞攻略ポイント
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

上がりは掛かるが、上がり順位上位馬が強い!?

過去5年の前後半3ハロンの平均は35秒7-35秒0、前後差1秒0以内のイーブンペースが4回。「4角先頭馬」は16年リラヴァティ(1着)のみ。内回りコースにしては4角5番手以内が4連対と少ない。その一方「上がり最速馬」は3勝、2着1回。特に18年&19年は上がり1~3位が1~3着を独占。51~53㌔の軽ハンデ馬が上がり最速をマークして好走。格上挑戦でも互角に戦える。それほど速い時計&上がりは要求されない。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.6秒/35.3秒。(前後差0.3) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が4連対、10番手以降3連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内8連対)。



20マーガレットSf.jpg
総合分析で重賞レースを極める!】

◎リープフラウミルヒ


リープフラウミルヒの前走(福島牝馬S)は、勝ち馬の決め手には屈したものの、2着を確保。切れ味には欠けるタイプで、梅雨時期の今の馬場はプラス!? 前走のように早めに動く積極策に期待したい!!

相手馬は、人気馬(サラス、ミスマンマミーア)と人気薄馬(サトノワルキューレ、フィリアプーラ、レッドアネモス)の5頭で勝負!!


ワイド】で( 8 ⇒ 2,5,9,10,14)

マーメイドSa.jpg

sample

今 週 の 重 賞

6月14日(
東京11R【エプソムカップG3)】


阪神11R【マーメイドSG3)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント