【安田記念(G1)】(2020総合分析予想篇)

20安田記念d.jpg
安田記念G1)】
過去5年 ハイブリッド指数

激戦の火花散る春のマイル王決定戦!!


画像
2015年(タイム良1.32.0 前半34.3 / 後半34.7)


画像
2016年(タイム良1.33.0 前半35.0 / 後半33.9)


画像
2017年(タイム良1.31.5 前半33.9 / 後半34.4)


画像
2018年(タイム良1.31.3 前半34.2 / 後半34.5)


19 3F.jpg2019年(タイム良1.30.9 前半34.5 / 後半33.9)


【安 田 記 念】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
19- -4-55位- -1-112位- -11-91位
18- -11-121位- -3-36位- -5-55位
17- -14-151位- -1-18位- -14-133位
16- -1-15位- -2-210位- -9-91位
15- -3-38位- -12-101位- -5-48位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定前 半優勢推定後 半優勢

20安田記念g.jpg

重賞攻略ポイント
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

過去5年、4角10番手以降から4頭馬券絡み!?

過去5年で「上がり最速馬」は15年ヴァンセンヌ(2着)、16年フィエロ(3着)、17年サトノアラジン(1着)、18年モズアスコット(1着)、19年アーモンドアイ(3着)とすべて馬券絡み。「4角先頭馬」の馬券絡みはロゴタイプ(16年=1着、17年=2着)のみ。4角10番手以降から4頭も馬券絡み。前半33秒台後半~34秒台前半のハイペースとなりやすく、先行力だけでは押し切れない。勝ち時計は1分30秒台~32秒台前半と速い。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、34.4秒/34.3秒。(前後差0.1) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が7連対、10番手以降3連対。
「上がり最速馬」 3連対(上がり5位以内5連対)。




20安田記念e.jpg
総合分析で重賞レースを極める!】

◎アーモンドアイ


アーモンドアイは、ヴィクトリアMで上がり最速32秒台をマークして0秒7差V。勝ち時計1分30秒6はコースレコードに0秒1差。1600㍍では5戦全て上がり最速をマーク。昨年のリベンジに期待!!

相手馬は、ハイブリッド新聞推定後半3ハロン5傑トップがアーモンドアイなので他4頭(ダノンプレミアム、ダノンキングリー、インディチャンプ、グランアレグリア)で勝負!!


3連複】で(5-11→1,2)2点
3連単】で( 5 → 1,2,6 ⇔ 11)6点


安田記念a.jpg

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント