【目黒記念(G2)】(2020ラップ分析篇)

目黒記念c.jpg
例年通りなら"後 傾 ラ ッ プ"

直線が長い東京コースの長距離戦なので、ペースはまったく上がらない。G3戦だが、レベルの高い高速決着になりやすい!?

過去5年のラップ分析篇

【過去5年&平均ラップ】.jpg
2015.jpg
2016.jpg
2017.jpg
2018.jpg
2019.jpg
【平均ラップ】.jpg
上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。

目黒記念(東京 芝2500).jpg
同日に行われる日本ダービー(芝2400㍍)と距離が100㍍違うだけの重賞だが、スタート地点が最後の直線の上り坂の途中にある影響で、ラップバランスは結構異なっている。芝2500㍍はスタート後に坂を上りきってから最初のコーナーまで距離があるために、前半のラップは速い。そして向正面に入ってもラップが大きく緩まず、スピードの持続力を支えるスタミナのある高速ステイヤータイプがよく好走するレース。

3コーナー通過番手別成績では前方の方が率は良いが、勝ちきっている回数は後方のほうが多い。上がり順位別成績は、上がり3位以内が7勝と勝ちきっている数は多いが、2,3着は上がり4位以下の方が多く、上がりの速さのある馬が1着で、早めのスパートから粘り込んでいるタイプが2,3着という馬券の組み合わせが狙い目。

G2とはいえハンデ戦なので、前走がG1・G2組の【1-3-4-51】に対して、G3以下が【9-7-6-83】で格下のレースから出走してくる馬のほうが有利。特に前走がG3以下のハンデ戦で今回が斤量増か据え置きの馬が【8-1-4-43】と勝ちきる例が多い。このパターンの馬が6年連続で勝っており今後も注目。

ラップ分析ポイント
この重賞に類似したラップバランスのレース「メトロポリタンS」をステップにした馬(5着以内or着差0.5秒以内)が優勢と判断!? あとは、「前走、上がり2位以内で連対している馬」を重視して選択。

ウラヌスチャーム(メトロポL 1着)
タイセイトレイル(メトロポL 3着)
オセアグレイト(メトロポL 5着)
アイスバブル(メトロポL 着差0.5秒6着)
バラックパリンカ(御堂筋3勝 1着上がり2位)



当日(5/31)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント