【平安ステークス(G3)】(2020ラップ分析篇)

平安ステークスa.jpg
ダート重賞なので前半が速い"前 傾 ラ ッ プ"

ハイペースでも前は簡単には止まらない!?
高速ラップ後半ロングスパートというレース!?

過去5年のラップ分析篇

【過去5年&平均ラップ】.jpg
2015.jpg
2016.jpg
2017.jpg
2018.jpg
2019.jpg
【平均ラップ】.jpg
上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。

平安S(京都 ダート1900).jpg
京都ダート1900㍍戦で1800㍍のスタート地点をそのまま4コーナー側へ100㍍延ばしただけのコースレイアウトだが、最初のコーナーまでの距離が延びるぶん、前半のラップがかなり速い高速戦となる。

ダートの重賞なので前半の方が速い前傾ラップになるのは特に珍しくないが、後半のラップも残り800㍍や600㍍で12秒台前半が出るほど、高速ラップの後半のロングスパートというレース。さすがに速いラップが出すぎる影響で、最後の直線は平坦なのにもかかわらずラスト200㍍は12秒70へとガクンと失速。位置取りが前の馬も後ろの馬もスタミナを使い切って脚が止まりながらゴールすることになるレース。

脚を使いきってゴールするという傾向が上がり順位別成績にも表れていて、上がり1、2位はわずか1勝だけ。2、3着にはそれなりに来ているので率としては悪くないが、高速戦ではあるものの上がりの速さが意味を持たない。かつては前走が1800㍍以下という馬が多く馬券に絡んでいたが、2017から19年の3年間は前走が2000~2400㍍という馬が毎年連対し、よりスタミナ要素が生きる傾向が出てきているので要注目。

ラップ分析ポイント
「前走重賞で(ダ)2000~2400㍍戦」をステップにした馬が優勢と判断!? あとは、「前走、4角5番手以内」を重視して選択。

オメガパフューム(大井G1東京大ダ20 1着 4番手)
アシャカトブ(G3マーチS 4着 4番手)
スワーヴアラミス(G3マーチS 1着 2番手)
ロードレガレス(OPアルデバ 1着 3番手)



当日(5/23)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント