【青葉賞(G2)】(2020ラップ分析篇)

青葉賞a.jpg
例年通りなら "後 傾 ラ ッ プ" 

初距離の馬がほとんどで、ペースは上がらない。
かと言って、直線での瞬発力勝負ではなく、
スピードの持続力がある上がり勝負!?

過去5年のラップ分析篇

【過去5年&平均ラップ】.jpg
2015.jpg
2016.jpg
2017.jpg
2018.jpg
2019.jpg
【平均ラップ】.jpg
上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。

青葉賞(東京 芝2400).jpg
東京芝2400㍍で施行される、日本ダービートライアル戦!! 本番と同距離ということでラップ的にはリンクしそうでも、案外そうでもない。この青葉賞を圧勝するレベルの馬しか本番ダービーでも好走していない。未だに、ダービー馬は生まれていない!!

その原因が、中盤ラップの極端な緩みにある。向こう正面のアップダウンを通過した後の、残り6ハロン(1200㍍)からの2ハロンが12.8-13.6と大きく緩む。これは、本番ダービーでは起こらない現象で、この区間ラップの緩さがそのままレースのレベル差になる。

上がり3ハロンは、坂を駆け上がりきるまでの2ハロンで11.5-11.5を計測。単に急加速できるだけでなく、そのスピードを持続できる力も必要となる。とにかく上がりタイム順位3位以内の馬が、複数馬券圏内に来るレース。

ラップ分析ポイント
この重賞に類似したラップバランスのレース「G3毎日杯 阪神芝1800㍍外」or「OPすみれS 阪神芝2200㍍」をステップにした馬が優勢と判断!? あとは、「前走、上がりタイム順位3位以内」を重視して選択。

ブルーミングスカイ(すみれS4着 上がり3位)
フライライクバード(アザレア1勝 上がり1位)
メイショウボサツ(大寒桜1勝 上がり1位)
ヴァルコス(ゆきやなぎ1勝 上がり1位)

sample

今 週 の 重 賞

5月2日(
東京11R【青葉賞G2)】

5月3日(
東京11R【スイートピーSSL)】


京都11R【天皇賞春G1)】


当日(5/2)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント