【ニュージーランドT(G2)】(2020ラップ分析篇)

ニュージーランドTa.jpg
過去5年は "イ ー ブ ン ペ ー ス" 

良馬場なら速い時計、上がりが求められる!?

ただ、近3年の前後半の3Fタイムは、
17年36.3-35.3、18年35.2-35.1、昨年35.9-33.9
といずれも後傾ラップ。近年は前半のペースが緩む傾向!?

過去5年のラップ分析篇

【過去5年&平均ラップ】.jpg
2015.jpg
2016.jpg
2017.jpg
2018.jpg
2019.jpg
【NZT平均ラップ】.jpg
上記の表は、過去5年のラップタイムを検証。

ニュージーランドT登録有力メンバー分析
好走ラップ(3着以内)等と過去5年平均ラップとの比較

01オーロラフラッシュ.jpg
02シーズンズギフト.jpg
03アブソルティスモ.jpg
04ルフトシュトローム.jpg
05ペールエール.jpg
06カリオストロ.jpg
07ハーモニーマゼラン.jpg
08ウイングレイテスト.jpg
09オーロアドーネ.jpg
10ソウルトレイン.jpg
12シャチ.jpg

注意:1年以内3着以内が基本

ラップ分析ポイント
オーロラフラッシュは崩れない点を評価。中山はこなせそうだが器用さがないのは割引。

シーズンズギフトは前走フラワーCで道中力み、直線でも内にモタれて修正しながらのアクション。能力は上位で距離短縮も良さそうだが、成長がないと重賞では展開待ちか!?

ルフトシュトロームは2戦2勝で底を見せていない。重賞の流れに戸惑わなければだが、このレースは例年上がり馬が苦戦する傾向??

ハーモニーマゼランの逃げに注意!?この条件で2勝、2着1回。特にジュニアCは走破時計も優秀で、重賞でもいきなりチャンス!!

ウイングレイテストの前走ファルコンSはスムーズさを欠いていただけに、巻き返しに注意!?

以下は抽選対象馬から1頭要注目!?

オーロアドーネは前走の弥生賞で、直線半ばまで粘って5着と健闘。新馬戦をマイルで勝っているように距離短縮は問題なく、相手関係も今回の方が楽。巻き返しは必至!!

sample

今 週 の 重 賞

4月11日(
中山11R【ニュージーランドTG2)】


阪神11R【阪神牝馬SG2)】

4月12日(
阪神11R【桜花賞G1)】


当日(4/11)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント