【阪神牝馬S(G2)】(2020日刊馬番コンピ指数分析篇)

阪神牝馬ステークスa.jpg
阪神牝馬S特別登録馬

4月11日(土)、阪神競馬場で行われる第63回阪神牝馬ステークス(4歳以上GII・牝馬・芝1600m)の登録馬が発表された。2018年阪神JFなど重賞4勝のダノンファンタジー、京都金杯・京都牝馬Sと連勝中のサウンドキアラ、昨年の府中牝馬Sを勝ったスカーレットカラーなど16頭が登録(フルゲートは18頭)。登録馬と想定騎手は以下の通り。なお、このレースに除外対象馬はいない。また、今週のレースとの重複登録馬もいない。

登録頭数:16頭】(フルゲート:18頭)
牝4)ダノンファンタジー 54 川田将雅
牝5)サウンドキアラ 54 松山弘平
牝5)スカーレットカラー 54 岩田康誠
牝5)サトノガーネット 54 ◯◯
牝4)シゲルピンクダイヤ 54 M.デムーロ

牝5)トロワゼトワル 54 藤岡康太
牝4)シャドウディーヴァ 54 池添謙一
牝4)プールヴィル 54 浜中俊
牝4)ブランノワール 54 武豊
牝5)メジェールスー 54 岩田望来

牝6)ディメンシオン 54 松田大作
牝4)ビーチサンバ 54 福永祐一
牝5)リバティハイツ 54 藤岡佑介
牝5)アマルフィコースト 54 幸英明
牝6)テーオービクトリー 54 太宰啓介

牝4)ノーワン 54 坂井瑠星

阪神牝馬S 展 望》
18ダノンファンタジー.jpg
ダノンファンタジー牝4、栗東・中内田充正)は一昨年の阪神JFなどこれまで重賞4勝。その内3勝を阪神のワンターンであげている。今回は昨年10月の秋華賞以来、約半年ぶりの休み明けとなるが、条件は合っているだけにいきなり勝ち負けを期待したい。

サウンドキアラ牝5、栗東・安達昭夫)は京都金杯と京都牝馬Sで重賞2連勝。いずれも1馬身差以上を付ける完勝で、今とても勢いに乗っている。大目標ヴィクトリアマイルに向けて、ここも勝利なるか。鞍上は引き続き松山弘平騎手。

その他、M.デムーロ騎手と初コンビのシゲルピンクダイヤ牝4、栗東・渡辺薫彦)、京都牝馬Sで2着のプールヴィル牝4、栗東・庄野靖志)、これまで重賞2着3回のビーチサンバ牝4、栗東・友道康夫)、昨年の府中牝馬S勝ち馬スカーレットカラー牝5、栗東・高橋亮)、東京新聞杯で2着のシャドウディーヴァ牝4、美浦・斎藤誠)なども上位争いの圏内。

阪神牝馬S 1週間前の厩舎情報》
サウンドキアラ牝5、栗東・安達昭夫) 
父ディープインパクト、母サウンドバリアー、母父アグネスデジタル
安達昭夫調教師「前2走はいい走りだったけれど、相性のいい京都コースですからね。中間はテンションを上げないよう、気を付けています。1週前追い切りもいい時計でしたし、仕上がりもいいです。ただ、京都コース以外では勝っていないので…」

シャドウディーヴァ牝4、美浦・斎藤誠)
父ハーツクライ、母ダイヤモンドディーバ、母父Dansili
斎藤誠調教師「前走(東京新聞杯・2着)後は放牧を挟んで順調に来ています。ここを使ってヴィクトリアM(5/17・GI)の予定なので、そこから逆算して調整をしています。毛ヅヤも良くなっていますし、状態は良いですね。腰がパンとしてきてスタートが出られるようになりましたし、これまで長めの距離を使ってきましたが、本質的には1600mくらいが合っていると思います。輸送も問題ないですし、素直な馬なので乗り替わりも大丈夫でしょう」

ダノンファンタジー牝4、栗東・中内田充正)
父ディープインパクト、母ライフフォーセール、母父Not For Sale
片山裕也調教助手「ここを目標に、順調にきています。馬体もふっくらして、すごく大人びている印象。それも、精神的に安定しているから。調教ではこの馬らしさを見せていますし、このままいい形でレースに臨みたいです」

メジェールスー牝5、栗東・藤原英昭)
父ロードカナロア、母エイジアンウインズ、母父フジキセキ
藤原英昭調教師「さすがお母さんがGI馬の仔とあって、潜在能力を持っています。体の成長や気性面で時間がかかりましたけど、だいぶしっかりしてきました。連勝しているここ2走は1200mで、マイルより短い方がいいでしょうが、ここでどこまでやれるかですね」

阪神 芝1600mコース 分析》

外回りコースを使用。直線が約474mと長く、中山競馬場に次ぐ勾配のキツさを誇る急坂があるのが大きな特徴。当然、差し・追込が決まりやすい。スタートからコーナーまでの距離は長め。3・4コーナー区間を走る距離が長く、枠順の有利差が無い(どちらかと言えば内枠有利)コース形態だが、実際は外枠が圧倒的に好走傾向。

一般的に、阪神競馬場は馬場が荒れて時計の掛かる馬場になる事が多い。内枠の馬が、より傷みやすい内側を走る。また、4コーナー途中からの下り坂を活かしての追い込み策が、外枠の馬の方がより有効、と言った理由が挙げられる。

ポイント
やや堅く決まりやすいコース!!
差し・追込がどちらかと言えば有利なコース
枠順では内枠が有利。


特注種牡馬
ディープインパクトがダントツのリーディング。
芝1600m.jpg

参考ステップレース
京都牝馬S(G3)
2020年2月22日 2回京都7日目芝右 外1400m
1着サウンドキアラ(松山弘平)
2着プールヴィル(岩田康誠)
3着メイショウグロッケ(大野拓弥)

有馬記念(G1)
2019年12月22日 5回中山8日目芝右2500m
1着リスグラシュー(D.レーン)
2着サートゥルナーリア(C.スミヨン)
3着ワールドプレミア(武豊)

秋華賞(G1)
2019年10月13日 4回京都4日目 芝右2000m
1着クロノジェネシス(北村友一)
2着カレンブーケドール(津村明秀)
3着シゲルピンクダイヤ(和田竜二)

阪神牝馬S】(G2
(2020日刊(馬番)コンピ指数分析篇)

阪神牝馬S過去10年間(10~19)ニッカン馬番コンピ指数の結果
指数順123456789101112131415161718
10/04/10
2阪神5
12
78
09
70
17
67
15
60
04
54
07
53
10
52
11
51
02
50
01
49
03
48
18
47
05
46
06
45
08
44
13
43
14
42
16
41
11/04/09
2阪神5
01
71
11
70
04
64
15
61
03
57
14
56
17
54
16
53
02
52
07
51
06
49
09
48
12
46
18
44
13
43
05
42
08
41
10
40
12/04/07
2阪神5
10
85
02
75
07
58
16
57
09
55
04
53
08
51
03
50
14
49
01
47
13
46
15
45
17
44
12
43
11
42
06
41
05
40

13/04/06
2阪神5
12
86
16
67
01
58
08
57
02
56
05
55
04
53
13
52
15
50
09
49
06
45
11
44
07
43
03
42
10
41
14
40


14/04/12
2阪神5
04
85
06
68
08
61
01
59
11
56
07
54
10
53
03
52
13
48
02
46
09
42
05
41
12
40










15/04/11
2阪神5
14
84
12
64
10
62
08
60
15
59
13
54
16
53
04
51
07
50
05
47
09
46
02
45
01
44
03
43
17
42
11
41
06
40


16/04/09
2阪神5
06
86
07
76
13
60
04
56
09
55
02
54
08
52
03
50
10
49
05
48
12
47
11
46
01
40










17/04/08
2阪神5
06
84
03
70
16
64
08
59
15
54
05
53
04
51
11
50
09
49
02
48
12
47
13
46
14
43
07
42
10
41
01
40




18/04/07
2阪神5
03
82
06
77
11
62
02
57
13
55
01
53
08
52
04
51
12
50
05
49
09
48
07
47
10
40










19/04/06
2阪神5
04
90
06
67
08
61
10
56
01
55
05
54
12
53
03
52
02
51
11
47
14
46
07
42
09
41
13
40








(上=馬番, 下=コンピ指数
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

阪神牝馬S過去10年間(10~19)ニッカン馬番コンピ指数順位の結果
(阪神牝馬S 馬番コンピ指数順位別成績表).jpg

阪神牝馬S過去10年間(10~19)ニッカン馬番コンピ指数値の結果
(阪神牝馬S 馬番コンピ指数値別成績表).jpg

日刊(馬番)コンピ(ポイント)>

注目したのは、"馬番コンピ指数値53"


条件として指数 7位 or 8位 のみ。
過去10年5回該当、的中率80%/回収率532%
ちなみに、昨年指数7位53(馬12番)に該当、複勝1230円でした。


※個人的に楽しんで毎週予想を発信しているだけですので、これらの情報を参考に馬券を購入することは、皆様の自己責任となりますので、よろしくお願いします。<(_ _)>




当日(4/11)2020"総合分析"予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント