【京都牝馬S(G3)】(2020ラップ分析篇)

京都牝馬Sa.jpg
近4年内2回 "後 傾 ラ ッ プ" 

近4年内1回イーブンと差しが決まりやすい傾向!?
重賞にしてはペースが遅い!?

過去4年のラップ分析篇

【京都牝馬S過去4年&平均ラップ】.jpg
2016.jpg
2017.jpg
2018.jpg
2019.jpg
【京都牝馬S平均ラップ】.jpg
上記の表は、16年以降から距離(芝1600から1400㍍戦へ)に変更があり、過去4年のラップタイムを検証。

京都牝馬S登録有力メンバー分析
好走ラップ(3着以内)等と過去4年平均ラップとの比較

シゲルピンクダイヤ.jpg
サウンドキアラ.jpg
ビーチサンバ.jpg
ドナウデルタ.jpg
リナーテ.jpg
アルーシャ.jpg
プールヴィル.jpg
アマルフィコースト.jpg
ディアンドル.jpg
ノーワン.jpg
メイショウショウブ.jpg
リバティハイツ.jpg

注意:距離芝12~1800㍍戦までのクラス3勝以上で1年以内4着以内まで

ラップ分析ポイント
ビーチサンバの距離短縮はプラスで、まともなら上位争い!?

シゲルピンクダイヤも距離短縮はプラス、前走早めに動いて行ったが、今の京都であの競馬では勝ち切れない!?

サウンドキアラは得意の京都なら評価せざるを得ないが、ディープインパクト産駒が不振で、距離短縮もマイナス?ただ、安定感はここでも最上位。

リバティハイツは前走ターコイズS7着。上位の馬より重い55㌔を背負って3着のシゲルピンクダイヤと着差0.1秒なら全く悲観する内容ではない。平坦替わりも距離短縮もプラスで、チャンスは十分!?

その他では、開催後半の京都替わりプラスのノーワン、昨年2着の実績があるリナーテ、3連勝中のドナウデルタ

sample

今 週 の 重 賞

2月22日(
東京11R【ダイヤモンドSG3)】


京都11R【京都牝馬SG3)】

2月23日(
東京11R【フェブラリーSG1)】


小倉11R【小倉大賞典G3)】


当日(2/22)2020総合分析予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント