<京都記念(G2)回顧>

本日(19時)の更新メニュー

20クロノジェネシス.jpg

日曜2月16日)京都11R京都記念

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。

京都記念の指数の結果
指数順123456789101112131415161718
京都11R
京都記念
01
77
07
75
05
72
08
54
06
53
09
51
04
47
02
46
10
40
03

















(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

京都記念 HB.jpg
日曜2月16日  2回京都6日目11R

京都記念
G2


(芝2200m)(4歳以上オープン)(別定)

20クロノジェネシス06.jpg
クロノジェネシスが好位から押し切り2馬身半差快勝!!


20クロノジェネシス03.jpg
16日、京都競馬場で行われた第113回京都記念(4歳上・GII・芝2200m)は、大逃げから離れた好位でレースを進めた北村友一騎手騎乗の1番人気クロノジェネシス(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)が、直線半ばで先頭に立ってゴールまで押し切り、後方2番手から脚を伸ばした2番人気カレンブーケドール(牝4、美浦・国枝栄厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分16秒4(重)
20クロノジェネシスa01.jpg
。さらに1.3/4馬身差の3着に3番人気ステイフーリッシュ(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)が入った。
20クロノジェネシス02.jpg
勝ったクロノジェネシスは、父バゴ、母クロノロジスト、その父クロフネという血統。昨年のクイーンC、秋華賞に続く重賞3勝目を飾った。
20クロノジェネシス01.jpg


レース後のコメント

20クロノジェネシス04.jpg
1着7-7 クロノジェネシス(牝4、北村友一・斉藤崇史)
「強かったです。道中のリズムもよかったですし、4角回ってくる時の手応え通りに最後まで脚を使ってくれたと思います。先生から装鞍所から落ち着いているよと言っていただき、またがってからもゲート裏も落ち着いていて、そういうところが折り合いにつながったんだと思います。体重が示す通り、馬に幅が出てパワーアップしたと思います。2200(メートル)でしっかり勝ちきってくれたので、選択肢は広がったと思いますし、どこの競馬場でも、どこのレースでも、しっかりといいパフォーマンスを見せたいと思います。(自身も)波に乗りたいです。乗っていかないといけないと思います」
20クロノジェネシス07.jpg
(斉藤崇史調教師)
「今年初戦としては良かったです。馬場が荒れてどうかと思いましたが、道中の折り合いも良かったです。このあとはリフレッシュさせて次を考えたいです。体が増えたのは成長分で、どんどん良くなっています。もっと良くなりそうな気もします」

20カレンブーケドール2着b.jpg
2着1-1 カレンブーケドール(牝4、津村明秀・国枝栄)
「休み明けのぶん、競馬前もおとなしくて、ゲートを出てからも進みが悪かった。馬場を気にしていたので、前半は無理をさせず。いい競馬はできたと思いますが、勝ち馬はこういう(重い)馬場に強いですからね。本調子でなくても、ここまで走れているので、また次に良くなると思います」

(国枝栄調教師)
「スタートして進んで行かず、腹をくくって下げて、馬場の良いところを走らせたようです。頑張っていましたが、勝った馬は強く、全然この馬場を気にしていなかったようです。このあとはまだ確定はしていませんが、ドバイへ行く予定です」

20ステイフーリッシュ3着a.jpg
3着5-5 ステイフーリッシュ(牡5、岩田康誠・矢作芳人)
「これなら、と思ったけど、相手が一枚上でした。自分の競馬をして、早めに外に持ち出したけど、相手の瞬発力が上だった」

4着8-9 ノーブルマーズ(牡7、A.シュタルケ・宮本博)
「こういう馬場はすごく合っていると思います。直線の反応もすごく良くて、最後までしっかりと脚を使ってくれました」

20アルメリアブルーム5着a.jpg
5着6-6 アルメリアブルーム(牝6、S.フォーリー・高橋康之)
「引退レースだったので、できれば勝ちたかったけど、最後のコーナーから伸びなかった。それ以外はしっかりと走ってくれました」

6着4-4 アメリカズカップ(牡6、和田竜二・音無秀孝)
「もっと不良馬場になってほしかった。今日もそんなに負けていない。道悪はうまいからね」

7着2-2 プリンスオブペスカ(牡6、藤井勘一郎・松永昌博)
「結構のめっていて、後ろからずっと追いかける形。馬場のいいところに出してからは伸びていました。今日は馬場が厳しかったですね」

8着7-8 ドレッドノータス(セ7、坂井瑠星・矢作芳人)
「行く馬を行かせて、その後ろというイメージ通りの競馬。道中の感じも悪くなかったですが、ペースが上がってから、しんどくなってしまいました」

9着8-10 ガンコ(牡7、松田大作・武英智)
「長期休み明けだったし、よく頑張ってくれた。次はよくなってくると思う」

取消3-3 クラージュゲリエ(牡4、川田将雅・池江泰寿)
20クロノジェネシスab.jpg


京都記念 払戻金.jpg


総合分析で重賞レースを極める!】
(結果報告)
京都記念a.jpg
軸馬ステイフーリッシュ、先行2番手追走から直線で弾けて優勝…
のはずが3着入線。一方、ノーブルマーズも最後伸びて4着入線。
当然、馬券はハズレ…(ノД`)・゜・。




次週の重賞レースは
ダイヤモンドS】(G3)(日刊コンピ篇


京都牝馬S】(G3)(日刊コンピ篇


フェブラリーS】(G1)(日刊コンピ篇


小倉大賞典】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。


この記事へのコメント