【フェアリーS(G3)】(2020総合分析予想篇)

フェアリーSb.jpg
フェアリーSG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

下位人気馬の台頭が多い重賞!?


画像
2015年(良タイム1.35.2 前半35.7 / 後半35.2)


画像
2016年(良タイム1.34.3 前半35.5 / 後半34.7)


画像
2017年(良タイム1.34.7 前半34.7 / 後半36.7)


画像
2018年(良タイム1.34.6 前半35.9 / 後半35.0)


19 3f.jpg2019年(良タイム1.36.0 前半36.1 / 後半35.3)


【フェアリーS】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
19-13-11-103位 -9-7-75位 -2-2-39位
18 -9-8-53位 -12-8-55位 -15-11-103位
17 -6-10-71位 -2-2-211位 -11-12-111位
16 -1-1-13位 -6-6-32位 -2-4-36位
15 -2-1-15位 -14-2-45位マクリ -6-11-81位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後半優勢推定前半優勢推定後半優勢

フェアリーSc.jpg

重賞攻略ポイント
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

ペースが落ち着くため、好位抜け出しが優勢!?

過去5年の前後半の平均は35秒6-35秒4、0秒8以内の後傾ラップが4回ある。短距離戦からの参戦馬は多いが、今後を考えて折り合いを重視するためか、先行争いは激しくならないケースが多い。「4角先頭馬」は15年ノットフォーマル、16年ビービーバーレルと2勝、4角5番手以内が7連対を占める。その一方、「上がり最速馬」は1勝、3着1回だが、連対馬の9頭が上がり5位以内をマーク。好位抜け出しの好走パターンが多い。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.6秒/35.4秒。(前後差0.2) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が7連対、10番手以降1連対。
「上がり最速馬」 1連対(上がり5位以内9連対)。


フェアリーSa.jpg
総合分析で重賞レースを極める!】

◎シャインガーネット


シャインガーネットは、2戦ともにすごい上がりや時計で勝っているのではないが、着差以上に危なげがなく、中山向きの器用さとレースに勝つ上手さに期待したい!!


馬 単】で(10⇒8,11)
3連単】フォーメーションで(10⇒8,11⇒1,5,8,11)


フェアリーSa.jpg

本 日 の 重 賞
1月13日(
中山11R【フェアリーSG3)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント