【シンザン記念(G3)】(2020総合分析予想篇)

シンザン記念b.jpg
シンザン記念G3)】
過去5年 ハイブリッド指数

立て続けに“三冠馬”を輩出している
歴史的スターホースへの登竜門!!


画像
2015年(良タイム1.34.8 前半35.7 / 後半34.7)


画像
2016年(良タイム1.34.1 前半34.8 / 後半36.0)


画像
2017年(重タイム1.37.6 前半34.5 / 後半38.1)


画像
2018年(稍重タイム1.37.1 前半35.7 / 後半35.3)


19 3f.jpg2019年(良タイム1.35.7 前半34.7 / 後半35.9)


【シンザン記念】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
19 - -7-72位 - -11-101位 - -8-73位
18 - -9-91位 - -2-24位 - -1-15位
17 - -15-121位 - -10-82位 - -7-73位
16 - -4-43位 - -13-161位 - -1-114位
15 - -9-64位 - -11-102位 - -12-121位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後半4位以内推定後半2位以内推定後半5位以内


重賞攻略ポイント
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

過去5年、「上がり最速馬」が全て馬券絡み!?

過去5年の前後半の平均は35秒1-36秒0、前傾1秒2以上のハイペースが3回。明け3歳のマイル重賞にしては上がりを要するレースとなりやすい。「4角先頭馬」は3着2回、4角5番手以内は2連対のみ。その一方、「上がり最速馬」は2勝、2着2回、3着1回とすべて馬券絡み。17年ペルシアンナイト(3着)がG1で2着3回、18年アーモンドアイ(1着)は牝馬クラシック3冠を達成。今後を占う意味でも重要な一戦となる。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.1秒/36.0秒。(前後差△0.9) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が2連対、10番手以降4連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内10連対)。


シンザン記念a.jpg
総合分析で重賞レースを極める!】

◎ルーツドール


ルーツドール
前走のメイクデビュー東京(芝1600㍍戦)は、先行しながら上がり3ハロンタイムはメンバー最速の34秒2(推定)をマーク!!半兄フィエールマン(父ディープインパクト)は、一昨年の菊花賞、昨年の天皇賞(春)と京都のGⅠ2勝したように、京都競馬場を得意。同馬にとって、血統的に今回の舞台替わりはプラス!!デビュー2戦目での重賞制覇に期待大!!


馬 単】で(9⇒4,6)
3連単】フォーメーションで(9⇒1,4,6⇒1,4,6)


シンザン記念a.jpg

今 週 の 重 賞
1月12日(
京都11R【シンザン記念G3)】

1月13日(
中山11R【フェアリーSG3)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント