【中日新聞杯(G3)】(2019インパクトデータ活用術予想篇)

中日新聞杯に関する過去データ

注目馬データ篇
馬 名馬齢前走レース距離4角通過3F
181ギベオン牡3セントラ G2芝22134-4-336.5
182ショウナンバッハ牡7アンドロOP芝201112-12-1034.4
183ストロングタイタン牡5小倉記G3芝20125-5-1241.3
馬 名馬齢前走レース距離4角通過3F
171メートルダール牡4関屋記G3芝1612 -11-1133.7
172ミッキーロケット牡4天皇秋G1芝20143-9-1040.6
173ロードヴァンドール牡4天皇秋G1芝20141-1-544.4
馬 名馬齢前走レース距離4角通過3F
161サトノノブレス牡6日経新G2芝2432-3-334.3
162ファントムライト牡7白富士OP芝2025-5-534.0
163レコンダイト牡6AR共和G2芝25109-10-1134.5
馬 名馬齢前走レース距離4角通過3F
151ディサイファ牡6アJCC G2芝2254-6-534.4
152デウスウルトセ7中山金G3芝20310-9-933.9
153マイネルミラノ牡5小倉大G3芝1856-2-237.5
馬 名馬齢前走レース距離4角通過3F
141マーティンボロ牡5飛鳥1600芝181 -5-235.2
142ラキシス牝4京都記G2芝2244-5-434.1
143ラブリーデイ牡4有馬記G1芝25103-3-439.7
上記の表は、過去5年の成績と前走レース(距離、着順、4角通過位置、上がり3ハロンタイム)を検証。

中距離戦線の次世代を担うスター候補!『同年に2000㍍重賞で3着以内経験のある馬』が穴をあける傾向にある。検証すると該当馬は2頭(タニノフランケル、ラストドラフト)。さて結果は?


馬 名馬齢前走レース距離4角通過3F
アドマイヤジャスタ牡3福島記G3芝201214-14-1636.1
マイネルサーパス牡3アンドロOP芝2016-7-734.8
ラストドラフト牡3オクトーOP芝20811-11-1033.6
アイスストーム牡4アンドロOP芝20514-14-1334.5
アイスバブル牡4AR共和G2芝251113-13-1334.0
カヴァル牡4新潟記G3芝2011 -15-1534.2
サトノガーネット牝4エ女王G1芝22910-13-1333.2
サトノソルタス牡4ノベンバ3勝芝2014-4-433.2
ジェシー牡4アンドロOP芝20123-4-436.0
タニノフランケル牡4小倉記G3芝2042-2-235.4
ミスマンマミーア牝4エ女王G1芝221718-18-1833.7
ランドネ牝4府中牝G2芝18148-6-635.3
パリンジェネシス牡5AR共和G2芝2572-2-234.6
メイショウエイコウ牡5福島民友Lダ17139-7-738.2
ロードヴァンドール牡6アンドロOP芝2043-2-235.5
ショウナンバッハ牡8オクトーOP芝20613-13-1333.3
上記の表は、今年出走予定馬の成績と前走レース(距離、着順、4角通過位置、上がり3ハロンタイム)を検証。
消去法データ篇
1⃣前走、2000㍍条件戦で4角4番手以下の馬

騎 手 篇(中京 芝2000㍍戦)
(検証期間:2014.1.5.~2019.12.3.)
(中京 芝2000)過去5年騎手.jpg
松若風馬騎手
【7-1-6-77/91】勝率7.7%/連対率8.8%/複勝率15.4%
2018年度成績
【2-0-0-13/15】勝率13.3%/連対率13.3%/複勝率13.3%
該当騎乗予定馬=タニノフランケル

厩 舎 篇(中京 芝2000㍍戦)
(検証期間:2014.1.5.~2019.12.3.)
(中京 芝2000)過去5年調教師.jpg
角居勝彦厩舎
【9-11-11-25/56】勝率16.1%/連対率35.7%/複勝率55.4%
2018年度成績
【2-0-0-3/5】勝率40%/連対率40%/複勝率40%
該当馬=タニノフランケル、ランドネ

好走データ篇
プラスデータ
1⃣前走クラス(重賞組、前走勝ち馬)
2⃣前走人気(~5番人気以内)


該当馬のみ検証
1⃣芝2000㍍戦実績(連対率/複勝率)
2⃣左回り(芝)実績(連対率/複勝率)


詳細は金曜日更新「術はある」の中で記載

まとめ篇

狙い目好走データをクリアした馬

該当馬
アイスバブル
カヴァルサトノソルタスタニノフランケル

今 週 の 重 賞
12月7日(
中京11R【中日新聞杯G3)】

12月8日(
阪神11R【阪神ジュベナイルフィリーズG1)】


中山11R【カペラステークスG3)】


当日(12/7)2019ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント