【マイルチャンピオンシップ(G1)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

マイルチャンピオンシップb.jpg
マイルチャンピオンシップG1)】
過去5年 ハイブリッド指数

単勝1番人気馬が“9連敗中”の
最強マイラー決定戦!?


画像
画像
2014年(良タイム1.31.5 前半33.7 / 後半34.8)


画像
画像
2015年(良タイム1.32.8 前半34.6 / 後半33.8)


画像
画像
2016年(良タイム1.33.1 前半34.4 / 後半35.6)


画像
画像
2017年(稍重タイム1.33.8 前半34.6 / 後半35.2)


18年 3f.jpg18年 HB.jpg2018年(良タイム1.33.3 前半35.0 / 後半34.5)


マイルCS】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18--4-58位--7-76位--2-212位
17--15-132位--7-67位--10-93位
16--1-111位--6-55位--2-211位
15--9-82位--8-86位--12-131位
14--11-101位--7-67位--3-310位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定後 半優勢推定前 半優勢

マイルチャンピオンシップc.jpg

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

過去5年で「上がり6位以下」が6連対と活躍!?

過去5年で「上がり最速馬」が1勝、3着1回。上がり6位以下が6連対もしている。その一方、「4角先頭馬」は1勝、4角5番手以内は3連対のみ。前半33秒台後半~34秒台とペースが速くなって、逃げ&先行馬にペースは厳しくなるケースは多いが、あまり後方過ぎては差し届かない。1分33秒台の遅め決着の近2年は3歳馬が勝利している。昨年は内枠で決着したとはいえ、二桁馬番の方が4勝、計6連対と好成績をおさめている。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、34.5秒/34.8秒。(前後差△0.3) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が3連対、10番手以降2連対。
「上がり最速馬」 1連対(上がり5位以内4連対)。



◎ダノンキングリー

ダノンキングリーは毎日王冠で上がり最速33秒4をマークして差し切り勝ち。勝ち時計1分44秒4はコースレコードに0秒2差と優秀。1800㍍以下では4戦4勝と鋭い末脚を発揮している。マイル路線であれば、年長馬相手のGⅠでも通用してよい。あとは最内枠を巧くさばけるかどうかだ。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《1⇒14,17,15,8》

マイルチャンピオンシップa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎インディチャンプ


インディチャンプは、左回り巧者のイメージが強いが、右回りでも大きく崩れていない。今週の追切が抜群の動き!ここを勝って、2015年のモーリス以来となる同一年の芝マイルGⅠ両制覇に期待!


3連複】で2頭軸(5-14⇒1,3,7,10,11)

マイルチャンピオンシップa.jpg

本 日 の 重 賞
11月17日(
京都11R【マイルチャンピオンシップG1)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント