<東京スポーツ杯2歳S(G3)回顧>

本日(19時)の更新メニュー
11月16日(土曜
東京スポーツ杯2歳SG3)回顧>

19コントレイル.jpg

土曜11月16日)東京11R東京スポーツ杯2歳S

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。


東スポ2歳Sの指数の結果
指数順12345678910111213141516
東京11R
東スポ2歳S
05
79
06
74
01
70
03
54
02
52
08
50
04
48
07
40
















(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

東京スポーツ杯2歳S HB.jpg
土曜11月16日  5回東京5日目11R

東京スポーツ杯2歳S
G3


(芝1800m)(2歳以上オープン)(馬齢)

19コントレイル05.jpg
コントレイルが5馬身差の圧勝!
レコードで重賞V!


19コントレイルa-6.jpg
16日、東京競馬場で行われた東京スポーツ杯2歳S(2歳・GIII・芝1800m)は、中団でレースを進めたR.ムーア騎手騎乗の1番人気コントレイル(牡2、栗東・矢作芳人厩舎)が、直線で一気に先頭に立って後続を突き放し、2着の2番人気アルジャンナ(牡2、栗東・池江泰寿厩舎)に5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分44秒5(良、2歳日本レコード)。
19コントレイル01.jpg
さらに4馬身差の3着に3番人気ラインベック(牡2、栗東・友道康夫厩舎)が入った。
19コントレイルa-12.jpg
勝ったコントレイルは、父ディープインパクト、母ロードクロサイト、その父Unbridled's Songという血統。9月15日の新馬戦に続くデビュー2連勝で、重賞制覇を飾った。
19コントレイルa-5.jpg19コントレイルa-15.jpg


レース後のコメント

19コントレイルa-13.jpg
1着6-6 コントレイル(牡2、R.ムーア・矢作芳人)
「強かった。いいペースで流れてくれて、いい位置で我慢して伸びてくれた。時計はレコードだけど、速い感じはしなかった。正直、トップクラスの馬だと思う」
19コントレイル06.jpg
(矢作芳人師)
「ここまでとは思わなかった。想像を超えています。僕もファンの気持ちで、震えました」と話した。今後はホープフルS(G1、芝2000㍍、12月28日=中山)へ向かう。

19アルジャンナ2着a.jpg
2着5-5 アルジャンナ(牡2、川田将雅・池江泰寿)
「いい内容でした。折り合いもついて、リズム良く運べました。直線もいい伸びをしてくれましたが、勝った馬が強すぎました」と勝者を称えていた。

19ラインベック3着a.jpg
3着1-1 ラインベック(牡2、W.ビュイック・友道康夫)
「馬の後ろで折り合いがついた。切れるタイプではないと思っていたので、好位で流れに乗れたが、勝ち馬が強かった。馬場が固く合わなかったが能力はある。徐々にギアが上がるので2400㍍なら可能性はある」

4着3-3 オーロラフラッシュ(牝2、C.ルメール・藤沢和雄)
「頑張ってくれた。前走と同じで興奮していたけど、しまいも脚をつかってくれた」

5着2-2 リグージェ(牡2、O.マーフィー・木村哲也)
「ゲートは出て折り合いはついた。距離ロスなく乗れたが…。成長を待ちながら。距離が延びた方がいい」

6着8-8 マイネルデステリョ(牡2、津村明秀・畠山吉宏)
「ハナに立ってからも(ハミが)抜けず、ムキになって燃えて走っていた。勝った馬たちは強い。自己条件なら頑張れる」

7着4-4 ゼンノジャスタ(牡2、田中健・浅見秀一)
「上手にレースできた。壁がないと(ハミを)噛むところがある馬だが、よく頑張ってくれた」

8着7-7 ソウルトレイン(牡2、石橋脩・西村真幸)
「早めにスパートしようとしたが、3コーナーから自分のペースで行った。このペースの1800㍍だと最後はスタミナ切れだった。ゆっくりなら持つんだけど…」
19コントレイルa-19.jpg19コントレイルa-4.jpg


東京スポーツ杯2歳S 払戻金.jpg


徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
東京スポーツ杯2歳S 的中.jpg
軸馬アルジャンナ、後方追走から直線で弾けて優勝…
のはずが2着入線。優勝したコントレイルが強すぎ!?
とりあえず、馬券は的中!🎯 元返しか…。




明日の重賞レースは
マイルチャンピオンS】(G1)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント