【天皇賞秋(G1)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

天皇賞秋b.jpg
天皇賞秋G1)】
過去5年 ハイブリッド指数

いくつもの名勝負の舞台となった
秋の中距離王者決定戦!


画像
画像
2014年(タイム良1.59.7 前半36.4 / 後半34.6)


画像
画像
2015年(タイム良1.58.4 前半36.4 / 後半34.0)


画像
画像
2016年(タイム良1.59.3 前半36.9 / 後半34.2)


画像
画像
2017年(タイム不良2.08.3 前半38.6 / 後半38.7)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム良1.56.8 前半36.2 / 後半34.5)


【天 皇 賞(秋)】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18-6-5-52位-7-7-71位-1-1-18位
17-11-5-21位-7-2-22位-10-12-54位
16-5-5-44位-8-10-101位-13-14-141位
15-4-4-46位-8-8-121位-12-11-104位
14-13-14-121位-3-3-38位-3-3-38位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

天皇賞秋c.jpg

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

近5年「4角先頭馬」の馬券絡みはキセキのみ!?

過去5年の前後半の平均は36秒9-35秒2、1秒7以上の後傾ラップが4回。G1にしてはスローペースで流れるケースが多い。「4角先頭馬」の馬券絡みは18年キセキ(3着)のみで、逃げ切りが至難のレースと言える。「上がり最速馬」は14年スピルバーグ、17年キタサンブラックと2勝。他2年も15年ステファノス、16年リアルスティール、18年サングレーザーが2着。近代競馬らしく、上位の上がりをマークできるかが大きなポイント。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、36.9秒/35.2秒。(前後差1.7) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が6連対、10番手以降3連対。
「上がり最速馬」 5連対(上がり5位以内7連対)。



◎アーモンドアイ

アーモンドアイは国内の全8戦で上がり最速7回&上がり2位1回。現役屈指の末脚の鋭さ&安定感が最大の武器。東京2000㍍の舞台なら死角らしい死角はない。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《2⇒10,9,14,6》

天皇賞秋a.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎アーモンドアイ


アーモンドアイは、牝馬三冠に加え、ジャパンカップ、ドバイターフ(G1・UAE 芝1800㍍)を優勝している歴史的名牝。日本を代表するスターホースに期待!


馬 連】で(2⇒4,6,7,9,14,16)

天皇賞秋a.jpg

本 日 の 重 賞
10月27日(
東京11R【天皇賞・秋G1)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント