【スワンステークス(G2)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

スワンステークスb.jpg
スワンステークスG2)】
過去5年 ハイブリッド指数

配当の傾向が変わってきた
マイルチャンピオンシップの前哨戦!!


画像
画像
2014年(タイム良1.20.3 前半35.1 / 後半33.9)


画像
画像
2015年(タイム良1.20.2 前半34.6 / 後半34.1)


画像
画像
2016年(タイム良1.20.7 前半34.4 / 後半34.5)


画像
画像
2017年(タイム重1.22.4 前半34.9 / 後半35.8)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム良1.21.5 前半34.7 / 後半35.5)


【スワンステークス】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18- -10-101位- -7-82位- -5-43位
17- -12-91位- -3-35位- -7-55位
16- -13-131位- -9-83位- -1-112位
15- -8-94位- -13-131位- -12-124位
14- -1-16位- -7-52位- -9-101位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢


ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

短距離戦ながらペースは落ち着きやすい!?

過去5年の前後半の平均は34秒7-34秒8、前後差が0秒9以内が4回、短距離戦にしてはペースが落ち着きやすく、「4角先頭馬」は14年ミッキーアイル(1着)、16年エイシンスパルタン(3着)が馬券絡み。その一方「上がり最速馬」は16年サトノアラジン、17年サングレーザー、18年ロードクエストと3連勝中、5年すべて3着以内に入っている。連対馬の9頭までが上がり5位以内をマーク。良馬場での勝ち時計は1分20秒台が目安。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、34.7秒/34.8秒。(前後差△0.1) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が3連対、10番手以降3連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内7連対)。



◎ダイアトニック

ダイアトニックは、安土城Sで上がり33秒7をマークして差し切り勝ち。勝ち時計1分19秒6は過去10年のスワンSで2番目に速いものだ。初重賞挑戦のダービー卿CTで4着に善戦。2度目の重賞挑戦+4戦4勝の京都1400m戦で、大外一気の差し切りを期待したい。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《17⇒7,15,9,10》

スワンステークスa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎トゥザクラウン


トゥザクラウンの母は2001年のエリザベス女王杯を制したトゥザヴィクトリー。5歳を迎えて本格化ムードだけに期待したい!?


ワイド】で(9⇒6,7,10,13,15,17)

スワンステークスa.jpg

今 週 の 重 賞
10月26日(
東京11R【アルテミスSG3)】

京都11R【スワンステークスG2)】


10月27日(
東京11R【天皇賞・秋G1)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント