【富士ステークス(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

富士ステークスb.jpg
富士ステークスG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

秋のマイル王決定戦へと続く戦い!


画像
画像
2014年(タイム良1.33.2 前半35.6 / 後半33.8)


画像
画像
2015年(タイム良1.32.7 前半35.1 / 後半33.7)


画像
画像
2016年(タイム良1.34.0 前半36.3 / 後半34.2)


画像
画像
2017年(タイム不良1.34.8 前半35.6 / 後半35.0)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム良1.31.7 前半34.6 / 後半34.3)


【富士ステークス】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18- -2-29位- -14-141位- -7-76位
17- -3-13位- -6-52位- -14-131位
16- -3-36位- -5-63位- -3-37位
15- -14-131位- -12-112位- -2-27位
14- -10-102位- -9-95位- -12-121位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

富士ステークスc.jpg

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

連対には32~33秒台の上がりが必要!

過去5年の前後半の平均は35秒4-34秒2、すべて後傾ラップの瞬発力勝負となっている。不良馬場の17年を除けば、連対馬の上がりは32~33秒台と速い。直線が長い東京コースらしく、逃げ切るのは難しい。前週の府中牝馬Sと同様、後方からでも上位の上がりで差し届く。次走のG1を見据えて仕上が途上の実力馬が多いので、夏の重賞で上位の上がりをマークしている馬にもチャンスは大きい。ルメール騎手が4年連続して連対している。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.4秒/34.2秒。(前後差1.2) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が4連対、10番手以降4連対。
「上がり最速馬」 2連対(上がり5位以内7連対)。



◎レイエンダ

レイエンダは2走前・エプソムCで上がり最速32秒7をマークして初重賞制覇。稍重馬場でレースラップのラスト3ハロン11秒0-10秒8-11秒1の上がりの速い決着を制した点を高評価したい。

前走・新潟記念(10着)はラスト1ハロンで進路が狭くなるシーンがあった。全9戦で上がり最速を4回マークしており、前走の敗戦で人気が落ちるなら積極的に狙ってみたい。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《9⇒7,16,10,17》

富士ステークスa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎アドマイヤマーズ


アドマイヤマーズは、夏場を休養に充て、帰厩後の調整過程は順調。芝1600㍍で5戦5勝と抜群の実績を誇り、マイル路線の主役候補に期待したい!


ワイド】で(7 - 12 - 15)BOX

富士ステークスa.jpg

今 週 の 重 賞
10月19日(
東京11R【富士ステークスG3)】

10月20日(
京都11R【菊花賞G1)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント