<毎日王冠(G2)回顧>

本日(19時)の更新メニュー

19ダノンキングリーa-10.jpg


日曜10月6日)東京11R毎日王冠

の結果を日刊コンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。

毎 日 王 冠 】(G2
指数順12345678910111213141516
東京11R
毎日王冠
09
88
03
71
04
66
10
56
02
55
06
54
01
49
08
47
05
46
07
40












(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

毎日王冠 HB.jpg
日曜10月6日  4回東京2日目11R

毎 日 王 冠
G2


(芝1800m)(3歳以上オープン)(別定)

19ダノンキングリーa-4.jpg
出遅れも何のその、
ダノンキングリーが強豪古馬相手に完勝!


19ダノンキングリーa-1.jpg
6日、東京競馬場で行われた毎日王冠(3歳上・GII・芝1800m)は、スタート一息で最後方からの競馬となった戸崎圭太騎手騎乗の1番人気ダノンキングリー(牡3、美浦・萩原清厩舎)が、直線で外から突き抜け、逃げ粘った2番人気アエロリット(牝5、美浦・菊沢隆徳厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分44秒4(良)。
19ダノンキングリーa-9.jpg
さらに1.1/4馬身差の3着に3番人気インディチャンプ(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)が入った。
19ダノンキングリーa-3.jpg
勝ったダノンキングリーは、父ディープインパクト、母マイグッドネス、その父Storm Catという血統。スタートで後手を踏みながらも強豪古馬を圧倒し、悲願のGI制覇に向けて弾みをつけた。また、本馬はこの勝利で10月27日に行われる天皇賞(秋)の優先出走権を獲得した。

レース後のコメント

19ダノンキングリーa-5.jpg
1着8-9 ダノンキングリー(牡3、戸崎圭太・萩原清)
「馬の力で勝たせていただいたレースですね。前残りが多くて、いいところにつけたいと思っていたんですが、(出遅れてしまい)リラックスして、リズムよく行こうと思った。(直線は)手応えもありましたし、持ち味の切れ味が証明できた。夏を越して、順調に心身ともに成長してくれて、楽しみですね。G1で活躍してくれるのを、僕も楽しみにしています」

19アエロリット2着a.jpg
2着3-3 アエロリット(牝5、津村明秀・菊沢隆徳)
「ペースはちょうど良かった。最後は差し返したけど、勝ち馬の切れ味に負けてしまった。3コーナーからハミをかんだけど、それがなければ…」

(菊沢隆徳調教師)
「内容は申し分ないし、騎手もうまく乗ってくれた」と話した。状態を見て、天皇賞・秋(G1、芝2000メートル、10月27日=東京)へ向かう。

19インディチャンプ3着a.jpg
3着4-4 インディチャンプ(牡4、福永祐一・音無秀孝)
「いいスタートを切れたし、番手で以前ならムキになるところが折り合いもついてスムーズだった。速いタイムでも頑張って、成長を感じる」

19ペルシアンナイト4着a.jpg
4着6-6 ペルシアンナイト(牡5、A.シュタルケ・池江泰寿)
「勝った馬が強かった。この馬の力は出せたし、内容は良かった」

5着5-5 ランフォザローゼス(牡3、北村宏司・藤沢和雄)
「集中力を保てるように運んだ。強いメンバー相手に最後は差を詰めているし、頑張ってくれた」

6着8-10 モズアスコット(牡5、内田博幸・矢作芳人)
「休み明けだったし、距離も1800メートルだったから…。頑張った。距離が短くなれば」

7着2-2 ギベオン(牡4、岩田望来・藤原英昭)
「流れていてペースが速かったけど、一生懸命走ってくれた。次はもっと良くなる」

8着7-8 ハッピーグリン(牡4、服部茂史・田中淳司)
「このところ長い距離を使っていたので、戸惑ったのか、追い出してからの反応が鈍かった。状態は良かったけど…」

9着1-1 ケイアイノーテック(牡4、幸英明・平田修)
「積極的な競馬をしたけど、タメた方がいい感じ」

10着7-7 マイネルファンロン(牡4、柴田大知・手塚貴久)
「相手もコースも厳しかった。コーナー4つの2000メートルが競馬しやすい」
19ダノンキングリーa-7.jpg19ダノンキングリーa-8.jpg19ダノンキングリー03.jpg19ダノンキングリー06.jpg


毎日王冠 払戻金.jpg


徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
毎日王冠b.jpg
軸馬ダノンキングリー、直線で弾けて優勝!!
馬券も久々の的中!🎯




次回の重賞レースは
秋華賞】(G1)(日刊コンピ篇


府中牝馬ステークス】(G2)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント