<サウジアラビアRC(G3)回顧>

本日(19時)の更新メニュー
10月5日(土曜
サウジアラビアRCG3)回顧>

19サリオス.jpg


土曜10月5日)阪神11RサウジアラビアRC

の結果を日刊コンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。

サウジアラビアRC 】(G3
指数順12345678910111213141516
東京11R
サウジRC
03
90
06
72
08
58
09
57
05
56
02
52
07
50
04
41
01
40














(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

サウジアラビアRC HB.jpg
土曜10月5日  4回東京1日目11R

サウジアラビアRC
G3


(芝1600m)(2歳オープン)(馬齢)

19サリオス03.jpg
サリオスがレコードで完勝!
無傷2連勝で重賞V


19サリオスa-2.jpg
5日、東京競馬場で行われたサウジアラビアロイヤルC(2歳・GIII・芝1600m)は、好位でレースを進めた石橋脩騎手騎乗の1番人気サリオス(牡2、美浦・堀宣行厩舎)が、直線残り200mを切ったところで抜け出し、一旦は外から並んできた2番人気クラヴァシュドール(牝2、栗東・中内田充正厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分32秒7(良、2歳コースレコード)。
19サリオスa-12.jpg
さらに3.1/2馬身差の3着に3番人気アブソルティスモ(牡2、美浦・藤沢和雄厩舎)が入った。
19サリオスa-10.jpg
勝ったサリオスは、父ハーツクライ、母サロミナ、その父Lomitasという血統。6月2日の新馬戦に続くデビュー2連勝で重賞タイトルを手にした。

レース後のコメント

19サリオス05.jpg
1着3-3 サリオス(牡2、石橋脩・堀宣行)
「本当に力を出せて良かった。ゲートは上手に出てくれると思っていたので、内めの枠でしたし、こういう馬場なので、後ろからにならないようにポジションを取りにいかないと、と思っていた。2着の馬も、かなりの脚を使っていたし、それに伸び負けなかったのは力がありますね」

19クラヴァシュドール2着a.jpg
2着6-6 クラヴァシュドール(牝2、藤岡佑介・中内田充正)
「コンディションが良く、前向きに走っていた。できれば、もう1列前で運びたかったが、勝ち馬(サリオス)が主張してきたので下げた。最後は、こちらが迫っていくぶん突き放された感じだったが、現状の力は出してくれた」

中内田充正調教師
「うちの子も頑張っています。文句なしの内容。相手が強すぎました。これだけの時計で走った後なので、今後は様子を見て考えたい」と愛馬を称えた。
19アブソルティスモ3着a.jpg
3着8-8 アブソルティスモ(牡2、戸崎圭太・藤沢和雄)
「力があって、いい感じだったが、気性的に若さが残る。ゲートを出て自分のリズムで走った結果、ハナに立つ形に。長くいい脚を使えるタイプではなく、今回は時計も速すぎた」

4着2-2 ジェラペッシュ(牝2、吉田豊・尾関知人)
「もう1列前で競馬ができればと思っていたが、両隣りの馬が速かった。最後まで反応してくれたし、脚も使っているが、1、2着馬の切れがすごかった」

5着8-9 エンジェルサークル(牝2、M.デムーロ・中川公成)
「まだ子供で、スタートも上手ではなかった。馬場が硬く、なかなか進んでいかなかったし、最後の伸びもいまひとつだった。これから良くなる馬だと思う」

6着7-7 シコウ(牡2、木幡巧也・牧光二)
「息が入って、いい感じだと思っていたが、甘くなかった。少し力差があるように感じた」

7着4-4 カップッチョ(牡2、江田照男・高市圭二)
「出遅れてしまい、時計も速かった。これから、いろいろ経験していけば」

8着5-5 ロードエクスプレス(牡2、三浦皇成・坂口智康)
「2度目のレースで、気持ちが入りすぎていた。その結果、4コーナーで気が抜けた感じになった。最後は伸びているが、初戦のいい競馬をつなげられなかったのは残念」

9着1-1 イロゴトシ(牡2、小崎綾也・牧田和弥)
19サリオスa-11.jpg19サリオス04.jpg19サリオス06.jpg


サウジアラビアRC 払戻金.jpg


徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
サウジアラビアRCa.jpg
軸馬クラヴァシュドール、直線で弾けて優勝のはずが…
2着入線。優勝したサリオスが強すぎた…残念。






明日の重賞レースは
毎日王冠】(G2)(日刊コンピ篇


京都大賞典】(G2)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント