【シリウスS(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

シリウスSb.jpg
シリウスステークスG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

ビッグレースにつながるダート王への登竜門!


画像
画像
2014年(タイム良2.03.8 前半36.4 / 後半35.8)


画像
画像
2015年(タイム稍重2.04.6 前半35.4 / 後半37.6)


画像
画像
2016年(タイム稍重2.01.7 前半35.3 / 後半36.4)


画像
画像
2017年(タイム良2.03.9 前半35.6 / 後半37.7)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム不良2.01.5 前半34.7 / 後半36.5)


【シリウスS】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
1810-10-62位16-16-151位-2-2-14位
17-7-9-72位-2-2-28位-3-3-38位
16-1-1-15位-2-2-23位-4-4-22位
15-6-8-51位-4-4-25位12-11-112位
14-2-2-24位-5-2-24位-6-7-82位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定前 半優勢推定前 半優勢


ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

スタミナが必須で長距離適性を求められる!?

過去5年の前後半の平均は35秒5-36秒8。前半の方が1秒3も速い前傾ラップとなっており、勝ち馬はすべて上がり5位以内、連対馬の9頭までが上がり5位以内をマークしている。その一方、4角5番手以内が7連対を占めている。多少、速いペースで流れたとしても、強い先行馬は簡単には止まらない。ナムラビクター、ピオネロが2年連続して馬券絡みしている。スタミナが必須で、長距離適性の高さが重要。リピーターの好走が多い。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.5秒/36.8秒。(前後差△1.3) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が7連対、10番手以降1連対。
「上がり最速馬」 2連対(上がり5位以内5連対)。



◎タイムフライヤー

タイムフライヤーはエルムSで2着馬から0秒2差の6着。前後半34秒4-37秒3、前傾2秒9のハイペースだったので、先行馬総崩れの展開的には中身は濃い。過去には芝のGⅠ・ホープフルS(1着)で上がり最速をマークしてほどで、先行勢ではもっとも上がりも速いとみた。ダート2走目の前進に期待したい。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《2⇒12,10,4,11》

シリウスSa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎マッスルビーチ


マッスルビーチの前走は良馬場ながら阪神ダート1800mを1分50秒で走破!前走から3㌔減斤量50㌔に期待したい!


馬 連】で(10⇒1,2,4,6,8,11)

シリウスステークスa.jpg

今 週 の 重 賞
9月28日(
阪神11R【シリウスステークスG3)】

9月29日(
中山11R【スプリンターズSG1)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント