【神戸新聞杯(G2)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

神戸新聞杯b.jpg
神戸新聞杯G2)】
過去5年 ハイブリッド指数

クラシック最後の一冠に向けたトライアルレース!


画像
画像
2014年(タイム良2.24.4 前半36.6 / 後半35.3)


画像
画像
2015年(タイム良2.26.7 前半36.5 / 後半34.1)


画像
画像
2016年(タイム良2.25.7 前半36.3 / 後半34.6)


画像
画像
2017年(タイム良2.24.6 前半36.9 / 後半34.5)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム良2.25.6 前半36.7 / 後半34.6)


【神戸新聞杯】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18-7-6-52位10-10-91位-1-1-14位
17-4-3-32位10-9-101位-5-5-53位
16-7-8-82位9-11-111位11-12-113位
15-1-1-12位-8-8-81位13-14-132位
1414-13-43位マクリ11-11-72位7-7-91位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

神戸新聞杯c.jpg

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

上がり順位が直結する舞台で、実力馬が能力を発揮!

過去5年の前後半の平均は36秒6-34秒6。長距離の外回り戦なので、全くペースは上がらないが、「上がり最速馬」は2着4回、3着1回とすべて馬券絡み。しかも、3着内馬はすべて上がり4位以内をマーク。全場・全距離のなかでも、もっとも上がりの速さが重要になる舞台で、実力がストレートに反映される。14年トーホウジャッカル(3着)、16年サトノダイヤモンド(1着)、17年キセキ(2着)と3頭の菊花賞馬を輩出している。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、36.6秒/34.6秒。(前後差2.0) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が4連対、10番手以降2連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内10連対)。


◎サートゥルナーリア

サートゥルナーリアは近3走すべてGⅠで上がり最速をマーク。皐月賞(1着)では上位3頭でもっとも後方から外を回りながら、上がり最速34秒1をマーク。日本ダービー(4着)でも出遅れ&大外を回るロスがありながら、上がり最速34秒1をマーク。3歳世代で最速の末脚の持ち主という評価に変わりはない。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《3⇒5,4,8,6》

神戸新聞杯a.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ヴェロックス


ヴェロックスは、ある程度のポジションを取って走れるセンスの良さと、簡単に失速することのない息の長い末脚を持つ馬。しかも、父ジャスタウェイは晩成タイプだっただけに、重賞初制覇に期待したい!


馬 単】で(5⇒3,4,6,8)

神戸新聞杯a.jpg

今 週 の 重 賞
9月22日(
中山11R【オールカマーG2)】


阪神11R【神戸新聞杯G2)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント