【セントライト記念(G2)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

セントライト記念b.jpg
セントライト記念G2)】
過去5年 ハイブリッド指数

菊花賞へと続く道!


画像
画像
2014年(タイム良2.11.7 前半35.1 / 後半36.0)


画像
画像
2015年(タイム良2.13.8 前半36.4 / 後半35.0)


画像
画像
2016年(タイム良2.13.1 前半36.1 / 後半35.4)


画像
画像
2017年(タイム良2.12.7 前半35.8 / 後半34.0)


18年 3F.jpg18 HB.jpg2018年(タイム良2.12.1 前半35.6 / 後半36.5)


【セントライト記念】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18-2-2-29位-9-9-73位13-13-131位
17-6-6-61位-5-5-42位-4-3-46位
16-9-9-41位マクリ-3-3-24位-9-10-71位
15-2-2-111位-1-1-213位-6-6-85位
14-6-6-66位-3-3-211位-7-8-84位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定前 半優勢推定後 半優勢

セントライト記念c.jpg

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

後傾ラップになりやすく、先行馬が優勢!?

中山で施行の近4年の前後半の平均は36秒0-35秒2、0秒8の後傾ラップ。勝ち馬はすべて4角6番手以内で立ち回っている。その一方、「上がり最速馬」が2勝、3着1回。連対馬の5頭が上がり4位以内をマーク。好位から上位の上がりをマークできるタイプが優勢。15年キタサンブラック、16年ディーマジェスティ、18年ジェネラーレウーノと春クラシックの3着以内馬が人気に応えて勝利。古馬になって以降も活躍する馬が多い。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.8秒/35.4秒。(前後差0.4) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が7連対、10番手以降0連対。
「上がり最速馬」 2連対(上がり5位以内4連対)。



◎ザダル

ザダルは、プリンパルSで4コーナー6番手から鋭く伸びて、粘り込みを図るエングレーザーにクビ差で勝利。レースラップのラスト1ハロンが11秒7だから、恐らく自身は11秒台前半。上がり33秒7は最速馬に0秒2しか劣っていない。

全3戦すべて4コーナー2~6番手→上がり5位以内をマークして勝利している。デビュー2戦は中山コースで勝利しており、先行力が生きる直線の短いコースは向いている。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《1⇒8,18,2,12》

セントライト記念a.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ザダル


ザダルの父トーセンラーはサドラーズウェルズを持ち、加えてディープインパクトとリシウスからリファールのインブリードを経由している。母のシーザシーからミスプロとヘイルトゥリーズンを引いて、スピードの持続力と瞬発力を持っている。ここまで3戦3勝、加えて先行力に期待したい!


ワイド】で(1⇒2,6,7,8,12,18)

セントライト記念a.jpg

本 日 の 重 賞
9月16日(
中山11R【セントライト記念G2)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント