【ローズステークス(G2)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

ローズステークスb.jpg
ローズステークスG2)】
過去5年 ハイブリッド指数

高額配当決着も珍しくない難解なトライアル戦!


画像
画像
2014年(タイム良1.46.0 前半35.1 / 後半34.2)


画像
画像
2015年(タイム良1.45.2 前半35.1 / 後半34.9)


画像
画像
2016年(タイム重1.46.7 前半35.4 / 後半34.6)


画像
画像
2017年(タイム良1.45.5 前半34.6 / 後半34.9)


18年 3F.jpg18 HB.jpg2018年(タイム良1.45.7 前半35.2 / 後半33.6)


【ローズS】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18- -2-14位- -9-83位- -5-74位
17--13-131位- -1-113位--13-153位
16--11-101位- -1-14位- -4-42位
15--16-152位--17-171位--13-93位
14- -4-42位- -9-91位- -1-114位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢


ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

実力が反映されやすく、秋華賞に直結!?

過去5年で「上がり最速馬」が2勝、2着2回と計4連対。連対馬の9頭までが上がり4位以内をマークしており、勝ち馬の上がりはすべて33秒台で一致している。14年ヌーヴォレコルト(1着)、15年ミッキークイーン(2着)、16年リスグラシュー(3着)、18年サラキア(2着)が翌年以降も牡馬混合の重賞で好走している。実力がストレートに反映されやすく、本番の秋華賞に直結しやすい。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.1秒/34.4秒。(前後差0.7) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が4連対、10番手以降4連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内7連対)。



◎ウィクトーリア

ウィクトーリアは、オークスではスタートで大きくアオって後方追走。4コーナー15番手から、0秒5差の4着まで浮上。今回の出走馬の6頭の中では最先着。上がりは勝ち馬ラヴズオンリーユーに次いで2位をマークしている。

2走前・フローラSでは上がり最速をマークして初重賞制覇しており、追い込み脚質へ転換の近2走は鋭い末脚を発揮している。阪神の外回りコースで直線一気の追い込みが決まるとみた。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《8⇒4,10,11,6》

ローズステークスa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ビーチサンバ


ビーチサンバは、GⅠでも好勝負を演じているが、まだ1勝馬。父クロフネ、母フサイチエアデールという良血馬が今度こそ惜敗に終止符を打つことに期待したい!


ワイド】で(11⇒4,5,6,8,10,12)

ローズSa.jpg

今 週 の 重 賞
9月15日(
中山11R【ローズステークスG2)】

9月16日(
中山11R【セントライト記念G2)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント