【セントウルS(G2)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

セントウルSb.jpg
セントウルSG1)】
過去5年 ハイブリッド指数

秋の主役候補が激突するスプリント戦線の名物重賞!


画像
画像
2014年(タイム良1.07.4 前半32.9 / 後半34.5)


画像
画像
2015年(タイム良1.07.8 前半34.0 / 後半33.8)


画像
画像
2016年(タイム良1.07.6 前半33.1 / 後半34.5)


画像
画像
2017年(タイム良1.07.5 前半33.8 / 後半33.7)


18年 3F.jpg18 HB.jpg2018年(タイム重1.08.8 前半33.3 / 後半35.5)


【セントウルS】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18- -6-63位- -1-111位- -14-141位
17- -3-39位- -6-74位- -9-92位
16- -1-112位- -5-56位- -3-38位
15- -1-110位- -13-111位- -4-56位
14- -6-48位- -2-210位- -8-85位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢


ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

開幕週だけに、差し馬には厳しいレース!?

過去5年の前後半の平均は33秒4-34秒4。ペースが速いにも関わらず、先行勢が上がり33~34秒台前半をマークして止まらない。4角5番手以内が7連対を占めており、8番手以降は1連対のみ。「4角先頭馬」は15年アクティブミノル(1着)、16年ビッグアーサー(1着)、18年ラブカンプー(2着)が連対、開幕週の絶好馬場なので、ダッシュ力が必要不可欠。勝ち時計は1分7秒台がほとんど。スプリンターズSには直結していない。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、33.4秒/34.4秒。(前後差△1.0) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が7連対、10番手以降1連対。
「上がり最速馬」 1連対(上がり5位以内2連対)。



◎マテラスカイ

マテラスカイ、昨年のプロキオンS(1着)の1分20秒3はダート1400mのJRAレコード。前半3ハロン33秒5、1200m通過が1分7秒5は芝の重賞並みに速く、ダート路線では現役屈指のスピードがあるのは間違いない。2走前はドバイのゴールデンシャヒーンで2着。帰国初戦の前走・プロキオンS(5着)の前半33秒3は昨年より速く、スピードに衰えはなさそうだ。

問題は2歳時の京王杯2歳S(9着)以来となる芝がどうかだが、開幕週の絶好馬場、1200mへの距離短縮など、買い材料が多い今回こそ狙ってみたい。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《2⇒12,7,4,8》

セントウルSa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎イベリス


イベリスの半姉ベルカント(父サクラバクシンオー)は、芝1400㍍以下の重賞を5勝したスピードの持ち主で、2015年、2016年のサマースプリントシリーズを連覇した“夏女”でもあった。出走全7戦中5戦の舞台となった走り慣れた阪神で、2戦2勝の距離に期待したい!


馬 連】で(4⇒2,6,7,8,11,12)

セントウルSa.jpg

本 日 の 重 賞
9月8日(
中山11R【京成杯オータムHG3)】


阪神11R【セントウルSG2)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント