【関屋記念(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

関屋記念b.jpg
関屋記念G3)】
過去5年 ハイブリッド指数

実力派マイラーが歴代優勝馬に名を連ねている
サマーマイルシリーズ第2戦!!


画像
画像
2014年(タイム稍重1.32.5 前半34.9 / 後半34.4)


画像
画像
2015年(タイム良1.32.6 前半36.4 / 後半33.3)


画像
画像
2016年(タイム良1.31.8 前半34.4 / 後半34.7)


画像
画像
2017年(タイム良1.32.2 前半35.2 / 後半34.3)


18年 3f.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム良1.31.6 前半34.2 / 後半34.4)


【関 屋 記 念】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18 - -9-82位 - -15-151位 - -1-17位
17 - -1-115位 - -2-211位 - -4-47位
16 - -6-68位 - -3-311位 - -14-141位
15 - -1-110位 - -8-101位 - -3-36位
14 - -6-54位 - -3-36位 - -15-142位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定前 半優勢推定前 半優勢

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

速い時計・上がりへの対応力が必要!?

過去5年の前後半の平均は35秒0-34秒2。新潟の長い直線を意識するためか、マイル重賞にしてはペースが上がらない。その結果として、15年レッドアリオン、17年マルターズアポジーが逃げ切り勝ち。勝ち馬はすべて4角8番手以内で立ち回っている。その一方、「上がり最速馬」は計3頭が馬券絡み。差し&追い込みは上がり32~33秒台が要求される。勝ち時計は1分31~32秒台中盤と速く、高速決着&瞬発力勝負への対応力が必要。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、34.0秒/35.1秒。(前後差△1.1) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が6連対、10番手以降3連対。
「上がり最速馬」 1連対(上がり5位以内3連対)。


◎ケイデンスコール

ケイデンスコールはNHKマイルCで14番人気の人気薄ながら、4コーナー14番手→上がり最速をマークして0秒1差の2着。

中京1600mのGⅢ・中京記念ではNHKマイルCから参戦のグルーヴィット&クリノガウディーがワン・ツーを決めており、マイル路線の3歳馬のレベルは低くない。

全6戦中、上がり最速33秒台を5回マーク。新潟2歳Sを含めて、新潟1600mは2戦ともに上がり最速をマークして勝利している。年長馬との斤量差を生かして、瞬発力勝負でも互角以上に戦えるとみた。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《3⇒13,10,5,11》

関屋記念a.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ロシュフォール


ロシュフォールの前走・七夕賞は末脚不発だった(11着)が、これは小回りコースの流れに対応できなかったため。前々走・新潟大賞典3着の実績がある新潟・芝外回りコースなら、巻き返しに期待したい!?


ワイド】で(10 - 14)
3連複】2頭軸で(10,14⇒4,5,6,12,13)


関屋記念a.jpg

今 週 の 重 賞
8月11日(
新潟11R【関屋記念G3)】


札幌11R【エルムステークスG3)】


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント