【小倉2歳ステークス(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

小倉2歳Sb.jpg
小倉2歳ステークスG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

夏の小倉開催のラストを飾る2歳重賞!


画像
画像
2014年(タイム良1.08.4 前半33.0 / 後半35.4)


画像
画像
2015年(タイム稍重1.08.9 前半33.5 / 後半35.4)


画像
画像
2016年(タイム良1.08.0 前半33.3 / 後半34.7)


画像
画像
2017年(タイム良1.09.1 前半33.3 / 後半35.8)


18年 3F.jpg
18 HB.jpg
2018年(タイム良1.08.9 前半33.4 / 後半35.5)


【小 倉 2 歳 S】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18 - -3-24位 - -9-72位 - -9-102位
17 - -3-29位 - -7-68位 - -8-85位
16 - -2-11位 - -8-64位 - -4-26位
15 - -4-22位 - -6-33位 - -3-36位
14 - -13-121位 - -3-37位 - -9-102位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

小倉2歳Sc.jpg

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

ペースは上がるが強い先行馬なら残れる?

過去5年の前後半の平均は33秒3-35秒4。5年すべて前半33秒0~33秒5、前傾2秒1以上のハイラップ。しかしながら、勝ち馬の4頭が4角2番手以内で立ち回っており、この2歳馬に厳しいペースを先行策から押し切った馬は強い。実際、勝ち馬は15年シュウジ、16年レーヌミノル、18年ファンタジストはその後も重賞を制している。「上がり最速馬」は2勝をあげているとはいえ、連対馬の9頭までが4角7番手以内で立ち回っている。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、33.3秒/35.4秒。(前後差△2.1) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が6連対、10番手以降1連対。
「上がり最速馬」 2連対(上がり5位以内5連対)。



◎カイルアコナ

カイルアコナの初戦は激しい先手争いを演じながら、上がりも2位をマークして0秒7差V。勝ち時計1分9秒1は今開催の小倉1200㍍の新馬戦では最速のもの。馬場状態の差があるとはいえ、同開催の2歳オープンのフェニックス賞の勝ち時計1分9秒0に0秒1しか劣っていない。4コーナーで早めに先頭へ並びかけて、上位の末脚で後続の追撃を封じ込めるとみた。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《7⇒10,5,4,8》

小倉2歳Sa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎シゲルミズガメザ


シゲルミズガメザは、前走・内不利のトラックバイアスを突き抜けて完勝。連闘だけに人気落ち、逆に能力の高さに期待したい!


ワイド】で(9⇒1,2,3,4,5,6)

小倉2歳Sa.jpg

本 日 の 重 賞
9月1日(
新潟11R【新潟記念G3)】


小倉11R【小倉2歳SG3)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント