【新潟2歳ステークス(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

新潟2歳ステークスb.jpg
新潟2歳ステークスG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

新潟マイルを舞台に争われる2歳重賞!


画像
画像
2014年(タイム良1.33.4 前半35.2 / 後半34.3)


画像
画像
2015年(タイム稍重1.33.8 前半35.4 / 後半33.9)


画像
画像
2016年(タイム良1.34.3 前半36.0 / 後半33.6)


画像
画像
2017年(タイム良1.34.6 前半36.6 / 後半33.0)


18年 3f.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム稍重1.35.5 前半36.3 / 後半34.0)


【新 潟 2 歳 ステークス】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18 - -8-81位 - -7-72位 - -4-43位
17 - -2-22位 - -1-14位 - -6-61位
16 - -7-82位 - -15-141位 - -4-44位
15 - -18-171位 - -5-53位 - -17-172位
14 - -14-112位 - -14-141位 - -6-65位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

新潟2歳ステークスc.jpg

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

非常に速い上がりが求められ、
差し&追い込み優勢!?


過去5年の前後半の平均は35秒9-33秒8、2秒1の後傾ラップにも関わらず、「上がり最速馬」はすべて3着以内、3着内馬はすべて上がり5位以内をマーク。昨年は上がり1~3位が1~3着を独占。17年は4角1番手&2番手で決着したとはいえ、圧倒的に差し&追い込み馬が優勢。2歳重賞にも関わらず、勝ち馬の上がりは32~33秒台前半と速い。勝ち馬は15年ロードクエスト、18年ケイデンスコールがNHKマイルカップで2着している。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.9秒/33.8秒。(前後差2.1) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が3連対、10番手以降4連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内9連対)。



◎ウーマンズハート

昨年は上がり1~3位が1~3着を独占。過去5年の前後半の平均は35秒9-33秒8、2秒1の後傾ラップにも関わらず、差し&追い込み勢が圧倒している。

ちなみにキャリアの浅い2歳戦では上がりの優劣が重要となる。その判断基準のひとつが「上がり2位に何秒差の上がり最速をマークしたかどうか」という点。そして、もうひとつが「レースラップのラスト2ハロンが10秒台~11秒台前半かどうか」という点だ。

この2点を踏まえて考えれば、浮上してくるのがウーマンズハート。新馬戦で上がり最速32秒0をマークして0秒6差V。上がりは2位に1秒3差で抜けて速い。この上がりタイムは2015年の谷川岳S(サトノギャラント=上がり31秒9)に次いで2番目に速い。しかも、レースラップのラスト2ハロンの10秒7-10秒9も極めて優秀。「推定後半3ハロン」1位に該当。重賞級の瞬発力を秘めているはず。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《6⇒11,13,2,1》

新潟2歳ステークスa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ウーマンズハート


ウーマンズハートは、メイクデビュー新潟(芝1600㍍)を3馬身1/2差で快勝。上がり3Fが、上がり2位より1.3秒も速い上がり3F32.0秒。最後の1ハロンを10秒台で駆け抜けており、その瞬発力に期待したい!


馬 連】で(6⇒1,2,3,7,11,13)

新潟2歳Sa.jpg

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント