【キーンランドカップ(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

キーンランドカップb.jpg
キーンランドカップG1)】
過去5年 ハイブリッド指数

下位人気馬の台頭も警戒したい短距離重賞!


画像
画像
2014年(タイム良1.09.0 前半34.1 / 後半34.9)


画像
画像
2015年(タイム良1.08.6 前半34.0 / 後半34.6)


画像
画像
2016年(タイム良1.08.5 前半34.1 / 後半34.4)


画像
画像
2017年(タイム良1.09.0 前半33.5 / 後半35.5)


18年 3f.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム稍重1.09.4 前半33.7 / 後半35.7)


【キーンランドカップ】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18 - -1-16位 - -3-29位 - -4-49位
17 - -12-81位 - -2-24位 - -1-15位
16 - -5-53位 - -1-18位 - -4-42位
15 - -16-71位 - -14-112位 - -17-174位
14 - -7-65位 - -10-91位 - -6-610位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定前 半優勢推定前 半優勢

キーンランドカップc.jpg

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

スピードだけでは押し切れないレース!?

過去5年の勝ち馬はすべて4角8番手以内で立ち回っている。その一方、「上がり最速馬」が3連対、勝ち馬はすべて上がり6位以内をマークしている。前半3ハロンが33秒5~34秒1と洋芝としては速く、過去5年すべて前傾ラップ。直線が短い平坦コースでも、スピードだけでは押し切れない。勝ち時計は1分8秒5~1分9秒4が目安、上がりは馬場次第でバラバラ。牝馬は3着以内が10頭と圧倒しているのが夏競馬らしい特徴といえる。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、33.9秒/35.0秒。(前後差△1.1) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が5連対、10番手以降1連対。
「上がり最速馬」 3連対(上がり5位以内5連対)。



◎リナーテ

リナーテはUHBを1分7秒9の好時計で0秒2差V。上がり33秒4は同舞台の勝ち馬のなかでは最速。札幌コースは2戦2勝と末脚が生かせる。京王杯スプリングCではタワーオブロンドンに0秒1差の2着だが、当時から斤量差は2キロに広がる。

近4年の勝ち馬は6~8枠があげており、大外枠も大きな割り引き材料とはならないか。過去5年で牝馬は3着以内が10頭の夏競馬らしいデータも後押しするとみた。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《16⇒13,7,11,2》

キーンランドカップa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ダノンシュマッシュ


ダノンシュマッシュは昨秋の京阪杯、年明け初戦のシルクロードSと、芝1200メートルの重賞を2連勝。前走の高松宮記念は、0秒2差の4着と敗れた。6月の函館スプリントSは競馬の公正確保のため競走除外となり、今回は5か月ぶりの実戦となるが、除外後の調整は順調だけに期待したい!


3連複】2頭軸で(13,16⇒1,2,4,7,10,11)

キーンランドカップa.jpg

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント