<新潟2歳ステークス(G3)回顧>

本日(19時)の更新メニュー

19ウーマンズハート.jpg


日曜8月25日)新潟11R新潟2歳ステークス

の結果を日刊コンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



新潟2歳Sの指数の結果
指数順12345678910111213141516
新潟11R
新潟2歳S
06
84
11
74
13
59
07
56
01
55
02
54
09
53
12
52
03
51
04
50
05
49
14
48
15
47
16
46
10
41
08
40
(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

新潟2歳S HB.jpg
日曜8月25日  2回新潟10日目11R

新潟2歳ステークス
G3


(芝1600m)(2歳オープン)(馬齢)

19ウーマンズハートab.jpg
ウーマンズハートが人気に応え無傷2連勝!


19ウーマンズハートa-6.jpg
25日、新潟競馬場で行われた新潟2歳S(2歳・GIII・芝1600m)は、中団でレースを進めた藤岡康太騎手騎乗の1番人気ウーマンズハート(牝2、栗東・西浦勝一厩舎)が、直線で外から各馬を差し切り、2着の3番人気ペールエール(牡2、栗東・安田隆行厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒0(良)。
19ウーマンズハート00.jpg
さらに1.3/4馬身差の3着に8番人気ビッククインバイオ(牝2、美浦・牧光二厩舎)が入った。なお、2番人気モーベット(牝2、美浦・藤沢和雄厩舎)は8着に終わった。
19ウーマンズハートa-1.jpg
勝ったウーマンズハートは、父ハーツクライ、母レディオブパーシャ、その父Shamardalという血統。8月3日の新馬戦に続くデビュー2連勝を飾った。また、父ハーツクライはこれで産駒のJRA全10場重賞制覇を達成した。

レース後のコメント

19ウーマンズハート04.jpg
1着3-6 ウーマンズハート(牝2、藤岡康太・西浦勝一)
「馬が強かったですね。新馬の内容からいい脚を持っているのはわかっていたので、いかにスムーズに運べるかと考えていた。(新潟の芝コースが)馬場の外が伸びるようになっていたので、なるべくスムーズに外に出せるようにと思っていた。4角での手応えよりは、直線ではふらふらして、子供っぽいところがありましたが、よく伸びてくれました。2戦目でテンション上がるところがあって、気性的な部分に課題はあるかもしれないですが、ポテンシャルは間違いないので、これからが楽しみな馬だと思います」

(西浦勝一調教師)
「どっしりとして落ち着いてきました。直線でフラフラするのは引き続き課題ですね。それにしても現段階でこれだけ走れているのはすごいです。この先どこまで成長して、どのくらいの距離まで持つのか未知数ですが、とても楽しみです」

2着7-13 ペールエール(牡2、M.デムーロ・安田隆行)
「(勝ち馬が)強すぎるよ」と苦笑い。「僕の馬も最後は凄い脚を使っているんだが…。馬はまだ子供だけどスタートも良かったし頑張っているよ」と称えた。

札幌でレースを観戦した安田隆行調教師
「賞金を積めたのはよかった。朝日杯FS(12月15日、阪神)には行きたい」と暮れの大一番を見据えていた。

3着4-7 ビッククインバイオ(牝2、大野拓弥・牧光二)
「2番手でスムーズな競馬ができた。上位2頭は強かったが、この馬のレースはできたと思う」と納得顔で振り返った。

4着1-2 クリアサウンド(牝2、松山弘平・杉山晴紀)
「外差し傾向の馬場で内枠でしたから厳しかったです。しかも内にもたれる面がありました。それで4着まで来ていますから力があります。もう少し落ち着いて、気負わずに走れるようになるといいですね」

5着1-1 エレナアヴァンティ(牝2、内田博幸・宗像義忠)
「内枠だったので、自分で競馬をつくった方がいいと思ってハナへ。うまく息が入ったけど、(上位は)底力が違った。距離はぎりぎり」

6着8-15 シコウ(牡2、木幡巧也・牧光二)
「枠が厳しかった。じわじわ伸びる感じだけど、しっかり競馬をしていた。良くなる余地はある」

7着6-12 ウインカーネリアン(牡2、松岡正海・鹿戸雄一)
「前につけたかったが、ゲートが悪くて出遅れた。いいところに出せなかったけど、それで7着は評価できる」

8着6-11 モーベット(牝2、福永祐一・藤沢和雄)
「スムーズな競馬ができなかった。3コーナー手前でごちゃごちゃして、かわいそうなことをした。最後も伸びず、力を発揮できなかった」

9着4-8 トロワマルス(牝2、木幡初也・杉浦宏昭)
「競馬を上手にしてくれたが、ペースが緩くて少しハミをかんだぶん、最後に脚が上がった」

10着8-16 サナチャン(牝2、武士沢友治・武藤善則)
「ゲートのタイミングが悪く、横を向いた時に切られた」

11着3-5 トライフォーリアル(牡2、丸山元気・萩原清)
「ゴチャついて気負っていた。瞬発力勝負も、もうひとつかもしれない」

12着7-14 カイアワセ(牝2、川又賢治・星野忍)

13着5-9 タイムマシン(牡2、石橋脩・手塚貴久)

14着2-4 セツメンノトビウオ(牡2、北村宏司・牧田和弥)
「スタートは良かったけど、終始、苦しい手応えだった」

15着5-10 グライユル(牝2、横山典弘・鹿戸雄一)
「具合は良かったけど、流れに乗れなかった」

16着2-3 グランチェイサー(牡2、田辺裕信・矢野英一)
「制御できなかった」
19ウーマンズハートac.jpg


新潟2歳S 払戻金.jpg


徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
新潟2歳Sb.jpg
軸馬ウーマンズハート、直線で弾けて優勝!
相手馬も、2~5着まで完璧予想!ただ、馬券は元返し…(ノД`)・゜・。




次回の重賞レースは
札幌2歳S】(G3)(日刊コンピ篇


新潟記念】(G3)(日刊コンピ篇


小倉2歳S】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント