【北九州記念(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

北九州記念b.jpg
北九州記念G3)】
過去5年 ハイブリッド指数

秋のスプリントGⅠへ向け注目の一戦!


画像
画像
小倉2014年(タイム良1.07.5 前半33.1 / 後半34.4)


画像
画像
小倉2015年(タイム良1.07.3 前半32.7 / 後半34.6)


画像
画像
小倉2016年(タイム良1.08.5 前半33.6 / 後半34.9)


画像
画像
小倉2017年(タイム良1.07.5 前半32.8 / 後半34.7)


18年 3f.jpg18年 HB.jpg
2018年(タイム良1.06.6 前半32.4 / 後半34.2)


【北 九 州 記 念】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18 - -8-61位 - -7-65位 - -2-211位
17 - -2-210位 - -6-34位 - -3-311位
16 - -11-101位 - -3-25位 - -9-43位マクリ
15 - -5-45位 - -10-83位 - -7-87位
14 - -3-34位 - -2-26位 - -13-71位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定前 半優勢推定後 半優勢

北九州記念c.jpg

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

過去5年「4角先頭馬」の連対はゼロ!?

小回りコースの短距離戦となれば、基本的には逃げ&先行馬が圧倒的に有利。ただし、このレースは過去5年で前半32秒台が3回、もっとも遅い16年でさえ前半33秒6。前後半の平均が32秒9-34秒6と前半の方が1秒7も速く、「4角先頭馬」は一度も馬券絡みしていない。その一方、連対馬の8頭までが上がり5位以内をマーク。18年は1分6秒6、14年&15年&17年は1分7秒台で決着するなど、高速決着への対応力も要求される。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、32.9秒/34.6秒。(前後差△1.7) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が6連対、10番手以降1連対。
「上がり最速馬」 2連対(上がり5位以内3連対)。



◎モズスーパーフレア

モズスーパーフレアは近6走すべて4コーナー先頭で、中山1200㍍では3戦すべて逃げ切り勝ち。セプテンバーS、カーバンクルSの1分7秒0は2013年以降では最速の勝ち時計。そして、オーシャンSの前半32秒3は史上最速ラップ。現役屈指のダッシュ力の速さを秘めているのは間違いない。

基本的に逃げ馬は内枠の方が好成績だが、同馬の場合は5勝中で4勝を12~16番枠の外枠であげている。そのうえ、前半32秒台のハイラップで4勝をあげており、厳しいペースで逃げる形も苦にしていない。逃げ馬は常に大敗のリスクはあるとはいえ、大敗後にマークが緩む時こそ積極的に狙いたい。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《13⇒18,3,8,5》

北九州記念a.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ディアンドル


ディアンドルは、前走の葵Sを勝ち、破竹の5連勝で重賞初制覇!これまで、小倉、中山、阪神、京都と4つの競馬場で勝ち星を挙げているように、適応力の高さもこの馬の武器の一つ。今回のコースでも勝ち星があり、舞台適性も問題ないだけに、期待したい!?


ワイド】で(5⇒2,3,4,6,13,15)

北九州記念a.jpg

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント