【札幌記念(G2)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

札幌記念b.jpg
札幌記念G2)】
過去5年 ハイブリッド指数

秋の大舞台を見据えた精鋭が集う真夏の大一番!


画像
画像
札幌2014年(タイム1.59.1 前半34.9 / 後半36.3)


画像
画像
札幌2015年(タイム1.59.0 前半35.1 / 後半36.2)


画像
画像
札幌2016年(タイム2.01.7 前半35.6 / 後半36.9)


画像
画像
札幌2017年(タイム良2.00.4 前半35.4 / 後半35.7)


18年 3f.jpg18年 HB.jpg
2018年(タイム稍重2.01.1 前半34.4 / 後半37.6)


【札 幌 記 念】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
187-7-7-94位-14-13-112位-16-16-141位
176-7-6-62位11-10-9-81位6-5-5-47位
161-1-1-13位8-9-9-71位-11-12-111位
152-3-2-27位-12-12-121位11-10-9-82位
1413-13-9-42位マクリ-14-12-41位マクリ8-9-9-93位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

札幌記念c.jpg
ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

昨年はペースが上がって後方組が馬券圏内を独占!?

昨年は前後半34秒4-37秒6、前傾3秒2のハイペースとなって、4角9番手以降がワン・ツー・スリー。過去5年で前後半3ハロンの平均が35秒1-36秒5、すべて前傾ラップにも関わらず、4角10番手以降からの勝ち馬はいない。その一方、「上がり最速馬」は5年すべて3着以内、連対馬の8頭までが上がり3位以内をマーク。先行策から上位の上がりをマークするのがベストだが、4角10番手以降からでも2着までは差し届いている。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.1秒/36.5秒。(前後差△1.4) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が4連対、10番手以降2連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内8連対)。


◎フィエールマン

フィエールマンは天皇賞・春で一旦は2着馬グローリーヴェイズに交わされながら、最後は差し返してGⅠ・2勝目をあげた。

菊花賞(1着)の上がり最速を含めて、2戦目以降はすべて上がり2位以内をマーク。そのうえ、ラジオNIKKEI賞(2着)以外、すべて4コーナー6番手以内で立ち回っている。直線が長いコースの方が向くタイプだが、小回りコースに対応できる自在性も備えている。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《9⇒12,1,14,10》

札幌記念a.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎フィエールマン


フィエールマンは、デビューから4戦目で昨年の菊花賞を制覇。3か月余りの休養を経て挑んだ前走の天皇賞(春)で、2つ目のビッグタイトルを獲得。今回、約3か月半の休み明けだが、函館競馬場に入厩して順調な乗り込みを消化。凱旋門賞(G1・フランス)挑戦に弾みをつけるためにも、期待したい!?


馬 連】で(9⇒1,10,12,14)

札幌記念a.jpg

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント