【小倉記念(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

小倉記念b.jpg
小倉記念G1)】
過去5年 ハイブリッド指数

混戦模様のハンデ戦!?


画像
画像
2014年(タイム稍重1.59.8 前半34.7 / 後半35.8)


画像
画像
2015年(タイム良1.58.0 前半34.0 / 後半36.3)


画像
画像
2016年(タイム良2.00.0 前半36.2 / 後半36.1)


画像
画像
2017年(タイム良1.57.6 前半34.4 / 後半35.9)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム良1.56.9 前半35.6 / 後半33.5)


【小 倉 記 念】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
182-2-2-12位4-4-3-35位1-1-1-27位
173-3-3-53位-9-6-21位マクリ5-5-5-64位
162-2-2-25位-11-10-91位9-9-10-92位
15-12-10-92位-10-10-74位2-3-3-28位
146-6-5-21位-9-8-51位1-1-1-18位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定前 半優勢

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

ペースが上がりやすく先行馬に厳しいレース!?

過去5年の前後半の平均は35秒0-35秒5、前傾0秒5のハイペース。小回りコースを意識するためか、流れは落ち着かず、先行馬に厳しいペースが多い。14年は上がり最速タイをマークのサトノノブレス、マーティンボロで決着するなど、連対馬はすべて上がり5位以内で立ち回っており、3角の下り坂から早めに押し上げて、4角では先頭を射程圏に入れておく必要がある。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.0秒/35.5秒。(前後差△0.5) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が7連対、10番手以降0連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内7連対)。


◎メールドグラース

メールドグラースは「推定前半3ハロン」5位&「推定後半3ハロン」1位。新潟大賞典、鳴尾記念と2000mの重賞を2連勝。近4走すべて4コーナー4~7番手、上がり最速も3回マークしている。

小倉2000mは未勝利、500万下と2戦ともに上がり最速をマークして勝利している。得意の舞台ならトップハンデも克服可能とみた。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《8⇒2,3,5,9》

小倉記念a.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎メールドグラース


メールドグラースは、破竹の4連勝と勢いに乗る本馬の初勝利と2勝目は、共に小倉・芝2000㍍戦が舞台。56㌔までしか経験のない馬だけに、今回は57.5㌔のハンデがポイント!?充実一途の現状なら期待したい!


馬 単】で(8⇒2,3,5,6,9,11)

小倉記念a.jpg

本 日 の 重 賞
8月4日(
中京11R【レパードステークスG3)】


函館11R【小 倉 記 念G3)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント