【レパードステークス(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

レパードステークスb.jpg
レパードSG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

配当の傾向がここ2年で一変した
3歳限定のダート重賞!?


画像
画像
2014年(タイム稍重1.50.4 前半36.0 / 後半35.8)


画像
画像
2015年(タイム良1.51.9 前半35.7 / 後半37.9)


画像
画像
2016年(タイム良1.50.6 前半35.6 / 後半37.3)


画像
画像
2017年(タイム良1.52.9 前半36.1 / 後半38.4)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム良1.52.0 前半36.6 / 後半37.8)


【レパードステークス】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
181-1-1-12位6-5-6-51位3-3-3-35位
174-6-5-72位1-1-1-16位4-4-5-45位
165-5-4-42位1-1-1-13位13-13-9-71位
156-5-2-24位10-9-4-43位-14-12-111位
143-3-3-21位1-1-1-15位-10-12-121位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定前 半優勢推定後 半優勢

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

ハイレベルな一戦で4角5番手以内が圧倒的に優勢!?

過去5年で「4角先頭馬」が1勝、2着3回。連対馬の9頭までが4角5番手以内。その一方、「上がり最速馬」は1勝、2着1回、3着2回と馬券絡み。直線が長いとはいえ、中山&阪神のような急坂がないので、先行力は武器となる。16年クレンツェント(1着)、ケイティブレイブ(2着)、18年グリム(1着)など秋になって古馬と互角以上に戦いを演じる馬が多数。3歳世代のダート界の上位馬が出走するハイレベルなレース。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、36.0秒/37.4秒。(前後差△1.4) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が9連対、10番手以降0連対。
「上がり最速馬」 2連対(上がり5位以内7連対)。


◎エルモンストロ

エルモンストロの前走・ユニコーンSは前半33秒9のハイペース。4コーナー5番手から粘り込んで0秒6差の5着は上々といえる。芝のGⅢ・新潟2歳Sでも6着した実績があって、ダートへ路線を変更して、3戦すべて4コーナー5番手以内→上がり4位以内をマークしている。

2走前の1800m戦が0秒3差Vだから、距離延長は問題ない。1600mの速めの流れの重賞経験はプラスとなるはず。デルマルーヴルも前後半5傑入りに該当だが、配当面ではコチラを狙いたい。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《11⇒10,13,4,7》

レパードステークスa.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ヴァイトブリック


ヴァイトブリックは、前走・ユニコーンSをテンションの高さもあってか11着に敗れたが、滞在競馬で臨む今回はイレ込み軽減が見込めるので、前走の大敗から巻き返しても不思議はない。滞在競馬で落ち着いて本来の走りができれば、期待したい!


ワイド】で(4⇒3,7,8,10,11,12)

レパードSa.jpg

本 日 の 重 賞
8月4日(
中京11R【レパードステークスG3)】


函館11R【小 倉 記 念G3)】

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント