<小倉記念(G3)回顧>

本日(19時)の更新メニュー

19メールドグラース00.jpg

日曜8月4日)小倉11R小倉記念

の結果を日刊コンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。

小倉記念の指数の結果
指数順12345678910111213141516
小倉11R
小倉記念
08
80
02
72
05
71
03
56
06
55
09
54
11
53
13
52
07
48
04
47
12
46
10
41
01
40






(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

小倉記念 HB.jpg
日曜8月4日  2回小倉4日目11R

小倉記念
G3


(芝2000m)(3歳以上オープン)(ハンデ)

19メールドグラース04.jpg
メールドグラースが外から突き抜け5連勝!


19メールドグラース.jpg
4日、小倉競馬場で行われた小倉記念(3歳上・GIII・芝2000m)は、中団後方でレースを進めた川田将雅騎手騎乗の1番人気メールドグラース(牡4、栗東・清水久詞厩舎)が、直線で外から突き抜け、後方からよく脚を伸ばした6番人気カデナ(牡5、栗東・中竹和也厩舎)にクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分58秒8(良)。
19メールドグラースa-1.jpg
さらに3/4馬身差の3着に5番人気ノーブルマーズ(牡6、栗東・宮本博厩舎)が入った。なお、3番人気アイスバブル(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は7着、2番人気アイスストーム(牡4、栗東・吉村圭司厩舎)は11着に終わった。
19メールドグラースa-2.jpg
勝ったメールドグラースは、父ルーラーシップ、母グレイシアブルー、その父サンデーサイレンスという血統。1000万下、尼崎S、新潟大賞典、鳴尾記念、そして本レースと今年負けなしの5連勝を飾った。

レース後のコメント

19メールドグラースab.jpg
1着6-8 メールドグラース(牡4、川田将雅・清水久詞)
「中が密集していたので外を選択したのですが、4連勝でここまで来ましたし、自信を持って走っている感じがしましたし、この馬の能力で勝った感じです。条件クラスの時はもう少し能力を出すことが難しいところがありましたが、勝ったことによって馬が自信をつけて、さらにその能力を自分で出そうとしているところがあるので、その分今日も楽な競馬ではなかったのですが馬自身が頑張って勝ち切ってくれたという印象です。毎週末たくさんのいい馬に乗せていただいて勝たせていただいているのは本当にありがたいことです。今回はいいチャンスをいただきましたから勝つことができてホッとしています。暑い小倉ですが足を運んでいただき見ていただければありがたいと思います」

2着6-9 カデナ(牡5、北村友一・中竹和也)
「以前に乗ったときよりすごくよくなっていました。1、2コーナーを楽に回れましたし、ためればためるだけ切れるという感じでした」

19ノーブルマーズ3着a.jpg
3着5-6 ノーブルマーズ(牡6、高倉稜・宮本博)
「メールドグラースの末脚がすごいことは分かっていたので、ちょっとでも前で流れに乗って、と思っていた。うまく3番手で運べたし、この馬もしっかり脚は使っている。直線で少し気を抜いたけど、久々にいい形で運べました」

4着3-3 タニノフランケル(牡4、松若風馬・角居勝彦)
「逃げる形が理想ですが、自分から動ける位置で運べました。手応えの割にはよく頑張っていると思います」

5着7-11 クリノヤマトノオー(牡5、和田竜二・高橋義忠)
「手応えの割には、はじけてくれなかった。レースぶりは悪くなかったんだけどね」

6着4-4 アウトライアーズ(牡5、丸田恭介・小島茂之)
「馬の調子はよかったですが、下手に乗ってしまいました」

19アイスバブル7着a.jpg
7着2-2 アイスバブル(牡4、福永祐一・池江泰寿)
「エンジンのかかりが遅いと聞いていたので、4コーナーで外へ出し、促していったんだけどねえ。直線はついていけませんでした」

8着5-7 レトロロック(牡7、松山弘平・角居勝彦)
「ペースが落ち着いてしまって、窮屈な競馬に。もう少し流れてほしかったです」

9着7-10 シャイニービーム(牡7、西村淳也・羽月友彦)
「重賞でしたが、最後までじわじわと伸びてくれました」

10着1-1 カフェブリッツ(牡6、藤井勘一郎・池江泰寿)
「勝ち馬からそう大きく離されていません。距離はもう少しあってもよさそうな感じでした」

19アイスストーム11着a.jpg
11着4-5 アイスストーム(牡4、武豊・吉村圭司)
「ポジションはすごくいいところで、流れも悪くなかった。それなのに4コーナーで一気に手応えがなくなってしまった。ここ2回ほど走れなかった」

12着8-12 アドマイヤアルバ(牡4、幸英明・須貝尚介)
「外を回るロスの多い競馬に。うまく立ち回れませんでした」

13着8-13 ストロングタイタン(牡6、浜中俊・池江泰寿)
「スタートはよく、いいペースでしたが、急に止まってしまいました」

小倉記念のプレゼンターを務めたJRA年間プロモーションキャラクターの葵わかな 「小倉競馬場に来たのは初めてでしたが、とてもきれいで自然の山々とも調和していて、のんびりとした雰囲気の中で楽しむことができました。私が6月生まれなので、6枠の8番メールドグラースで勝負して予想的中しました!」
19メールドグラースa-4.jpg19メールドグラースac.jpg


小倉記念 払戻金.jpg


徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
小倉記念b.jpg
軸馬メールドグラース、後方から一気に弾けて優勝!
2着カデナ入線で馬券も馬単的中!🎯 




次回の重賞レースは
関屋記念】(G3)(日刊コンピ篇


エルムステークス】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント