【クイーンステークス(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

クイーンステークスb.jpg
クイーンステークスG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

実績馬の扱いがポイントになりそうな
牝馬限定重賞!?


14年 3F.jpg14年 HB.jpg2014年(タイム良1.45.7 前半35.1 / 後半36.4)


15年 3F.jpg15年 HB.jpg2015年(タイム良1.47.1 前半35.5 / 後半35.1)


16年 3F.jpg16年 HB.jpg2016年(タイム良1.47.7 前半36.5 / 後半34.3)


17年 3F.jpg17年 HB.jpg2017年(タイム良1.45.7 前半35.2 / 後半35.5)


18年 3F.jpg18年 HB.jpg2018年(タイム良1.46.2 前半34.4 / 後半34.6)


【クイーンステークス】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
1810-9-10-71位8-8-8-62位3-3-3-24位
171-1-1-18位6-7-6-51位8-10-10-71位
164-4-4-43位2-2-2-24位7-8-7-74位
159-9-7-72位4-3-3-33位2-3-4-43位
145-4-3-33位13-13-14-101位12-13-12-102位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

波乱ムードの一戦。小回りながら上がり重視で!?

14年キャトルフィーユ、17年アエロリットが1分45秒7のコースレコード。過去5年の勝ち馬はすべて4角7番手以内。好位から上位の上がりを使えるタイプが有利。その一方、「上がり最速馬」が1勝、2着2回。連対馬の9頭が上がり4位以内をマーク。14年は上がり3位以内が1~3着を独占しており、小回りコースの割には上位の上がりも要求される。近走で二桁着順に大敗している人気薄の一変を警戒。人気馬同士では決着しない。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.3秒/35.2秒。(前後差0.1) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が6連対、10番手以降1連対。
「上がり最速馬」 3連対(上がり5位以内8連対)。



◎ウラヌスチャーム

ウラヌスチャームは中山牝馬Sで大外を回りながら、上がり最速34秒6をマークしてハナ差の2着。1800mでは4戦してGⅡ・ローズSで上がり2位をマークして5着、それ以外はすべて上がり最速をマークして連対している。

そして、直線が短い中山コースでは4戦すべて上がり最速をマークして連対しており、差し&追い込み馬にしては直線の短いコースも大丈夫なタイプ。後方追走から3コーナーで好位へ押し上げて、大外から鋭く伸びてくるシーンを期待したい。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《12⇒4,13,1,3》

クイーンステークス.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ミッキーチャーム


ミッキーチャームにとって、滞在競馬はプラス。昨夏には北海道の滞在競馬で3連勝を達成。先行力の生きる開幕週の馬場に期待したい!


馬単】で(13⇒1,3,4,6,11,12)

クイーンSa.jpg

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント