【中京記念(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

中京記念b.jpg
中京記念G3)】
過去5年 ハイブリッド指数

配当の傾向が変わりつつある
サマーマイルシリーズ開幕戦!

14年 3F.jpg14年 HB.jpg
2014年(タイム稍重1.37.1 前半35.5 / 後半37.0)

15年 3F.jpg15年 HB.jpg
2015年(タイム良1.33.4 前半34.7 / 後半35.2)

16年 3F.jpg16年 HB.jpg
2016年(タイム良1.33.6 前半35.5 / 後半34.6)

17年 3F.jpg17年 HB.jpg
2017年(タイム良1.33.2 前半34.7 / 後半34.8)

18年 3F.jpg18年 HB.jpg
2018年(タイム良1.32.3 前半33.8 / 後半35.3)


【中 京 記 念】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18-8-11-111位-4-4-45位-13-13-153位
17-2-2-26位-8-8-93位-16-15-151位
16-14-13-131位-3-3-36位-14-16-161位
15-2-3-37位-13-11-113位-10-9-114位
14-11-11-131位-9-7-102位-13-11-102位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

上がり最速を使えれば差し届くレース!?

過去5年で「上がり最速馬」は14年サダムパテック、16年ガリバルディ、18年グレーターロンドンと3勝。しかも、すべて4角11番手以降から差し切っている。4角の位置取りに関わらず、上がり最速をマークすれば差し届く。その一方、4角2~4番手が4連対している。稍重馬場の14年は1分37秒台を要していたが、その他の4年は1分32~33秒台、連対馬の7頭が上がり33~34秒台。外めの枠の好走が多く、外枠の差し馬を狙いたい。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、34.8秒/35.4秒。(前後差△0.6) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が4連対、10番手以降5連対。
「上がり最速馬」 3連対(上がり5位以内6連対)。



◎カテドラル

カテドラルは1600mへ距離を短縮してから成績が一変。2走前・アーリントンCは4コーナー16番手→上がり最速33秒3をマークしてクビ差の2着。しかも、直線半ばまで前残りが壁となって、まともに追えたのは正味1ハロンだけ。

そして、GⅠの前走・NHKマイルCは4コーナー16番手→上がり2位33秒7をマークして0秒1差の3着と大健闘。

1600m戦では2戦ともに上がり33秒台をマークして好走。「推定後半3ハロン」1位。ハンデ53キロなら年長馬が相手でも大いに期待できる。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《14⇒7,5,15,12》

中京記念.jpg
徹底的に重賞レースを極める!】

◎プリモシーン


プリモシーンは、G1・4勝馬を母に持つ良血馬。前走のヴィクトリアマイルで2着に入り本格化!

昨年の関屋記念を勝つなど〔2-1-0-1〕の左回りはベストの舞台。中京の長い直線で、自慢の末脚に期待したい!


ワイド】で(7⇒1,5,12,14,15,16)

中京記念a.jpg

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント