【函館記念(G3)】(2019インパクトデータ活用術予想篇)

函館記念b.jpg
函館記念に関する過去データ

注目馬データ篇
馬 名馬齢前走レース距離着順間隔
181エアアンセム牡7エプソムG3芝185/165
182サクラアンプルール牡7日経賞G2芝253/1516
183エテルナミノル牝5マーメイドG3芝2011/155
馬 名馬齢前走レース距離着順間隔
171ルミナスウォリアー牡6金鯱賞G2芝205/1618
172タマモベストプレイ牡7天皇春G1芝3213/1711
173ヤマカツライデン牡5天皇春G1芝3215/1711
馬 名馬齢前走レース距離着順間隔
161マイネルミラノ牡6エプソムG3芝183/185
162ケイティープライド牡6巴賞OP芝186/112
163ツクバアズマオー牡5巴賞OP芝183/112
馬 名馬齢前走レース距離着順間隔
151ダービーフィズ牡5目黒記G2芝256/187
152ハギノハイブリッド牡4新潟記G3芝2010/1610
153ヤマカツエース牡3NHKマG1芝1613/1810
馬 名馬齢前走レース距離着順間隔
141ラブイズブーシェ牡5目黒記G2芝252/167
142ダークシャドウ牡7エプソムG3芝183/175
143ステラウインド牡5ジューン1600芝201/124
上記の表は、過去5年の成績と前走レース(距離、着順/出走頭数、ローテーション)を検証。

8年連続で1番人気馬が圏外!?波乱必死だけに、穴馬候補として『前走、16頭立て以上の重賞戦に出走している馬』が浮上!?さらに『2ヶ月半以上の休養明けの馬』が人気の盲点になりやすく、『前走、G1・G2戦に出走している馬』なら格下がりで狙える。今年の出走予定馬で該当したのは、"エアスピネル"。


馬 名馬齢前走レース距離着順間隔
ゴールドギア牡4湾岸1600芝225/814
ステイフーリッシュ牡4鳴尾記G3芝203/92
マイネルファンロン牡4巴賞OP芝1812/162
アメリカズカップ牡5巴賞OP芝187/162
ポポカテペトル牡5目黒記G2芝2512/137
マイスタイル牡5巴賞OP芝189/162
レッドローゼス牡5福島民OP芝201/1513
アーバンキッド牡6巴賞OP芝186/162
エアスピネル牡6マイルCSG1芝1610/1834
カルヴァリオセ6巴賞OP芝1814/162
ドレッドノータスセ6巴賞OP芝185/162
ナイトオブナイツ牡6巴賞OP芝182/162
メートルダール牡6新潟大G3芝209/1611
ブラックバゴ牡7鳴尾記G3芝206/92
マイネルサージュ牡7巴賞OP芝1811/162
スズカデヴィアス牡8巴賞OP芝181/162

上記の表は、今年出走予定馬の成績と前走レース(距離、着順/出走頭数、ローテーション)を検証。
消去法データ篇
1⃣前走の条件戦で3番人気以下の馬
(前走1800㍍戦で0.2秒以上で勝利している馬には要注意)
2⃣前走で4角13番手以下かつ10着以下敗退馬
(函館記念勝利経験馬のある馬を除く)
3⃣8歳以上の馬
(斤量57㌔以上の馬を除く)
4⃣前走で10着以下敗退かつ2ヶ月半以上休養の6歳以上馬
(前走で天皇賞・春出走の馬を除く)
(当日1~5番人気馬や前走新潟大賞典出走馬には要注意)

騎 手 篇(函館 芝2000㍍戦)
(検証期間:2014.1.5.~2019.7.7.)
(函館 芝2000)騎手.jpg
岩田康誠騎手
【13-10-6-34/63】勝率20.6%/連対率36.5%/複勝率46.0%
5番人気内に騎乗した場合
【13-10-5-20/48】勝率27.1%/連対率47.9%/複勝率58.3%
該当騎乗予定馬=ポポカテペトル

厩 舎 篇(函館 芝2000㍍戦)
(検証期間:2014.1.5.~2019.7.7.)
(函館 芝2000)調教師.jpg
矢作芳人厩舎
【4-0-1-17/22】勝率18.2%/連対率18.2%/複勝率22.7%
5番人気内に推された場合
【4-0-1-2/7】勝率57.1%/連対率57.1%/複勝率71.4%
該当馬=ステイフーリッシュ、ドレッドノータス

好走データ篇
プラスデータ
1⃣前走クラス(重賞組・オープン組)
2⃣前走9着以内かつ着差0.5秒以内
3⃣前走4角9番手以内


該当馬のみ検証
1⃣芝2000㍍戦実績(連対率/複勝率)
2⃣洋芝実績(函館・札幌)(連対率/複勝率)


詳細は金曜日更新「術はある」の中で記載

まとめ篇

狙い目好走データをクリアした馬

該当馬

ステイフーリッシュナイトオブナイツレッドローゼス

今 週 の 重 賞
7月14日(
函館11R【函館記念G3)】


当日(7/14)2019ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント