<七夕賞(G3)回顧>

本日(19時)の更新メニュー
7月7日(日曜
七夕賞G3)回顧>

プロキオンSG3)回顧>

19ミッキースワロー02.jpg


日曜7月7日)福島11R七夕賞

の結果を日刊コンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



七夕賞の指数の結果
指数順12345678910111213141516
福島11R
七夕賞
03
72
16
71
15
69
12
64
04
54
14
53
13
52
05
51
01
50
08
49
02
48
09
47
06
46
10
42
11
41
07
40
(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

七夕賞 HB.jpg
日曜7月7日  2回福島4日目11R

七 夕 賞
G3


(芝2000m)(3歳以上オープン)(ハンデ)

19ミッキースワロー06.jpg
ミッキースワローが抜け出し重賞2勝目!
菊沢一樹騎手は重賞初勝利!


7日、福島競馬場で行われた七夕賞(3歳上・GIII・芝2000m)は、道中は後方に構えた菊沢一樹騎手騎乗の3番人気ミッキースワロー(牡5、美浦・菊沢隆徳厩舎)が、3~4コーナーで前に並びかけて直線で抜け出し、同じく後方追走から脚を伸ばした2番人気クレッシェンドラヴ(牡5、美浦・林徹厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分59秒6(稍重)。
19ミッキースワローa-1.jpg
さらに3馬身差の3着に12番人気ロードヴァンドール(牡6、栗東・昆貢厩舎)が入った。なお、1番人気ロシュフォール(牡4、美浦・木村哲也厩舎)は11着に終わった。
19ミッキースワロー01.jpg
勝ったミッキースワローは、父トーセンホマレボシ、母マドレボニータ、その父ジャングルポケットという血統。前走のエプソムCでは10着と大敗したが、ここで見事巻き返し、2017年のセントライト記念以来の重賞2勝目を飾った。また、鞍上の菊沢一樹騎手はこれがJRA重賞初勝利となった。

レース後のコメント

19ミッキースワロー04.jpg
1着6-12 ミッキースワロー(牡5、菊沢一樹・菊沢隆徳)
「(ミッキースワローの騎乗は)2年ぶりで緊張しましたが、跨がったら緊張はとれました。前回は結果を出すことができなかったので、今回は馬の力を信じて邪魔にならないよう心掛けました。1着はどのレースも気持ちがいいんですが、きょうはとくに気持ちいいです。乗せてくれた先生(菊沢調教師)や関係者に感謝したいです。ひとつひとつ大事に乗って、この馬で大きなところ目指していきたいので応援お願いします」

19クレシェンドラヴ2着b.jpg
2着8-15 クレッシェンドラヴ(牡5、内田博幸・林徹)
「良くなっている。勝ちたかったけど、甘くはない。ただ、オープン3戦目で強いメンバー相手にこれだけできれば」

19ロードヴァンドール3着a.jpg
3着5-9 ロードヴァンドール(牡6、横山典弘・昆貢)
「よくここまで立ち直ってくれましたね。気難しい面のある馬で、前走はブリンカーからチークピーシズに替えましたが、それが上手くいきませんでした。今回はまたブリンカーに戻したことも良かったかと思います。まだ本当に良い頃の状態まではいっていませんが、使いながら良くなってきています。よく頑張っています」

19ゴールドサーベラス4着a.jpg
4着6-11 ゴールドサーベラス(牡7、藤田菜七子・清水英克)
「前半にためてしまいの競馬をした。4コーナーで外に出されたのがもったいなかったけど、ためた分、しまいは伸びてきた。こういう競馬を続けていければ」

19アウトライアーズ5着a.jpg
5着1-2 アウトライアーズ(牡5、野中悠太郎・小島茂之)
「内田さん(クレッシェンドラヴ)の後ろで、この馬の競馬はできた。3コーナーで苦しくなったけど、頑張った」

6着4-8 タニノフランケル(牡4、福永祐一・角居勝彦)
「ペースが速かった。最後は脚が上がったけど、頑張った。理想は楽に行けること」

7着8-16 クリノヤマトノオー(牡5、和田竜二・高橋義忠)
「うまく内に潜り込めたけど、全体的に流れていたから…。スローの瞬発力勝負の方がいい」

8着2-4 ソールインパクト(牡7、大野拓弥・戸田博文)
「久々の2000メートルで追走に苦労した。最後の最後に追い上げたけど…」

9着7-13 ウインテンダネス(牡6、柴田大知・杉山晴紀)
「2000メートルは忙しいし、コースも合わない。広いコースの方がいい。それに、のめっていた」

10着1-1 エンジニア(牡6、津村明秀・牧光二)
「1、2コーナーでいい位置につけられたけど、3、4コーナーで渋くなった。ただ、力はあるので通用する」

19ロシュフォール11着a.jpg
11着2-3 ロシュフォール(牡4、三浦皇成・木村哲也)
「ゲートを出たし、リズム良く進めた。右回りも大丈夫だったけど、速くなった時に戸惑った。伸びかけたけど、道悪でもあったから」

12着4-7 カフェブリッツ(牡6、蛯名正義・池江泰寿)

13着3-6 マルターズアポジー(牡7、武士沢友治・堀井雅広)
「自分の競馬はできたけど、楽に行かせてはくれない。ただ、どこかで頑張れる元気がある」

14着7-14 ブラックスピネル(牡6、石橋脩・音無秀孝)
「ペースが速かったし、あれ以上行くとオーバーペースになる。もまれないように行ったけど、かわされてから力尽きた」

15着5-10 ベルキャニオン(牡8、丸山元気・堀宣行)

16着3-5 ストロングタイタン(牡6、戸崎圭太・池江泰寿)
「脚をとられて、3、4コーナーで手応えがなかった」


19ミッキースワロー03.jpg19ミッキースワロー07.jpg
2019年JRA年間プロモーションキャラクターの女優・高畑充希(27)がトークショーにゲスト出演し、表彰式のプレゼンターを務めた。コメントは以下の通り。
「福島競馬場に来るのは初めてでしたが、観客の皆さんとの距離も近くて、とても親しみを感じることができました。七夕賞ということで私の願いも込めて予想しました。馬券は私の名前の”ミツキ”が入った、ミッキースワローで勝負して見事的中しました! 早速お願いがかないました! これからも皆さんと一緒に競馬を楽しんでいきたいので、少しでも多くの人に競馬の魅力が伝わりますようにと、お願いしようと思います」

七夕賞 払戻金.jpg


徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
七夕賞 的中.jpg
軸馬クレシェンドラヴ、直線で大外から強襲も2着入線!
ミッキースワローが優勝、何とかワイド馬券的中!🎯




次回の重賞レースは
函館記念】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント