<ラジオNIKKEI賞(G3)回顧>

本日(19時)の更新メニュー
画像

日曜6月30日)福島11RラジオNIKKEI賞

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



ラジオN賞の指数の結果
指数順12345678910111213141516
福島11R
ラジオN賞
02
67
09
66
13
64
05
57
10
56
14
55
16
54
03
53
06
52
11
51
12
50
07
49
15
48
01
47
08
46
04
40
(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜6月30日  2回福島2日目11R

ラジオNIKKEI賞
G3


(芝1800m)(3歳オープン)(ハンデ)

画像
ブレイキングドーンが突き抜け重賞初V!


画像
30日、福島競馬場で行われたラジオNIKKEI賞(3歳・GIII・芝1800m)は、中団後方でレースを進めた田辺裕信騎手騎乗の3番人気ブレイキングドーン(牡3、栗東・中竹和也厩舎)が、直線で外から突き抜け、好位から脚を伸ばした9番人気マイネルサーパス(牡3、美浦・高木登厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分49秒8(不良)。
画像
さらに1.1/4馬身差の3着に6番人気ゴータイミング(牡3、栗東・松永幹夫厩舎)が入った。なお、1番人気ヒシイグアス(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は9着、2番人気ディキシーナイト(牡3、美浦・国枝栄厩舎)は11着に終わった。
画像
勝ったブレイキングドーンは、父ヴィクトワールピサ、母アグネスサクラ、その父ホワイトマズルという血統で、これが重賞初制覇。通算成績は7戦2勝となった。


レース後のコメント

画像
1着7-14 ブレイキングドーン(牡3、田辺裕信・中竹和也)
「乗るのは初めてでしたけど、何回か一緒にレースさせてもらって、それも見ながら考えてレースに乗りました。馬場の悪いところに押し込められたくないし、外枠を引けたのはよかった。直線を向くまで余裕が結構あった。強い馬を相手に善戦していきた馬なので、やっぱり力があります。後ろから差されるような感じの手応えではなかった。また、ここで賞金を加算できたのは大きい。チャンスもできる。(自身は地元で5年ぶりの重賞勝利に)うまくいきました、おかげさまで」

画像
2着1-2 マイネルサーパス(牡3、柴田大知・高木登)
「枠を生かして上手に競馬ができました。道悪は上手ではないので抱えながらになりましたが、その分内枠で良かったです。最後は相手が一枚上でしたが、よく頑張ってくれました」

画像
3着7-13 ゴータイミング(牡3、武豊・松永幹夫)
「折り合い重視で終いに徹する競馬をしました。最後もよく伸びていますが、小回りコースと16頭立ての分かと思います。力は見せてくれました」

画像
4着2-3 ダディーズマインド(牡3、宮崎北斗・青木孝文)
「最高のレースができました。馬場が緩くて滑っているようなところはありましたが、交わされてからもよく頑張ってくれました」

5着8-16 アドマイヤスコール(牡3、横山典弘・加藤征弘)
「この馬にとっては、今日のような軟らかい馬場は良かったと思います。大外枠からよく頑張っていますし、これから良くなってきそうな馬です」

6着6-11 ヒルノダカール(牡3、丸山元気・北出成人)
「こういう馬場も対応できると思っていたけど、ここまで悪いと…。最後はジリジリとしか伸びなかった」

7着3-6 ブレイブメジャー(牡3、戸崎圭太・萩原清)
「躍動感があっていい馬。競馬は上手だけど、距離は短い方がいいかな」

8着2-4 ポルーニン(牡3、武藤雅・戸田博文)
「もまれたくなく、うまく立ち回れたけど、東京のような広いコースの方が合うかもしれない。ただ、だいぶ脚質に幅が出た」

画像
9着5-9 ヒシイグアス(牡3、M.デムーロ・堀宣行)
「馬場が合わなかった」と一言。ショックを隠しきれない様子だった。

10着4-8 サヴォワールエメ(牝3、内田博幸・友道康夫)
「馬場が緩いからスタートでズルッとして遅れて、ぶつけられた。それに、ずっとのめっていた」

11着3-5 ディキシーナイト(牡3、石橋脩・国枝栄)
「スタートをうまく出たので前へ行ったけど、馬場が悪かったので3コーナーから手前を替えなかった。ただ、力のある馬」

12着4-7 インテンスライト(牡3、菊沢一樹・菊沢隆徳)
「具合は良かったけど、馬場が悪かった。並びが難しく、いい面を出せなかった」

13着5-10 レッドアネモス(牝3、北村友一・友道康夫)
「返し馬では状態の良さを感じたが、レースでは脚を取られた。」

14着6-12 ウインゼノビア(牝3、津村明秀・青木孝文)
「すごくいい馬だけど、跳びがすごくきれいで、のめりっぱなし。きょうはかわいそうだった」

15着8-15 ランスオブプラーナ(牡3、松山弘平・本田優)
「コーナーが4つの小回りは今の段階では難しい。広いコースでリズム良く運ぶ方がいい」

16着1-1 ギルマ(牡3、三浦皇成・高橋義忠)
「馬場が悪いのは良くない。馬場が良くてあの位置なら、いいレースをしていた。運がなかった」

女優として活躍中の木南晴夏さんが、本日、福島競馬場のイベントに出演し、11RラジオNIKKEI賞の表彰式プレゼンターを務めた。コメントは以下の通り。
~木南晴夏さんのコメント~
「あいにくの雨でしたが、トークショーでは多くの方に来ていただき、表彰式プレゼンターという貴重な体験ができて忘れられない一日となりました。今度は福島をゆっくり観光したいと思います」
画像
画像


画像

徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
画像
軸馬ディキシーナイト、先行2番手追走で押しながら直線へ
伸びを欠き馬群に沈む(11着)…(ノД`)・゜・。




次回の重賞レースは
七夕賞】(G3)(日刊コンピ篇


プロキオンS】(G3)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント