【ラジオNIKKEI賞(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

画像
ラジオNIKKEI賞G3)】
過去5年 ハイブリッド指数

秋の大舞台へ、
3歳馬が飛躍を期すハンデキャップ重賞


画像
画像
2014年(タイム良1.45.9 前半34.2 / 後半35.4)


画像
画像
2015年(タイム良1.46.4 前半35.0 / 後半35.1)


画像
画像
2016年(タイム良1.47.0 前半35.3 / 後半35.0)


画像
画像
2017年(タイム良1.46.6 前半35.3 / 後半35.4)


画像
画像
2018年(タイム良1.46.1 前半34.2 / 後半35.1)


【ラ ジ オ N I K K E I 賞】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
184-3-3-33位9-10-10-131位1-1-1-19位
173-3-3-22位1-1-1-13位12-12-12-111位
167-8-7-74位2-2-3-38位12-11-14-113位
15-9-10-61位3-2-3-27位1-1-1-111位
143-3-2-35位13-12-14-91位6-6-7-33位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定前 半優勢推定前 半優勢

画像
ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

過去5年で「4角先頭馬」が3回馬券絡み!?

近4年は前後差が0秒9以内のイーブンペース。過去5年で「4角先頭馬」は3頭が馬券絡み。4角10番手以降から連対した馬は1頭だけ。その一方「上がり最速馬」は1勝、2着2回、3着1回と好走。連対馬の8頭までが上がり5位以内をマーク。54㌔以下の軽ハンデ馬が6連対。18年の勝ち馬メイショウテッコン、2着フィエールマンを始め、その後も重賞で活躍している馬は多い。条件戦を勝ち上がってきた軽ハンデ馬に要注意。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、34.8秒/35.2秒。(前後差△0.4) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が6連対、10番手以降1連対。
「上がり最速馬」 3連対(上がり5位以内6連対)。



◎ブレイブメジャー

ブレイブメジャーは前走の500万条件を4コーナー3番手から、上がり34秒4をマークして、1分32秒9の好時計V。全3戦すべて4コーナー3番手以内で立ち回って、近2走は上がりも3位以内をマーク。「推定前半3ハロン」5位&「推定後半3ハロン」4位に該当。重賞ウィナーがランスオブプラーナのみのメンバー構成。軽ハンデ54㌔なら重賞でも勝ち負け可能とみた。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《6⇒5,13,3,10》

画像
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ディキシーナイト


ディキシーナイトは、前走のスプリングS(3着)後に脚元の不安を発症し、ここは約3か月半の休養明け。当日の馬場次第では、道悪の巧拙が問われるレベルになる。当馬は、500㌔を優に超える大型馬だけに、道悪ならパワータイプの軸馬として期待したい!?


ワイド】で(5⇒3,6,8,10,11,14)

画像
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント