【CBC賞(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

画像
CBC賞G3)】
過去5年 ハイブリッド指数

高額配当決着が目立つ
サマースプリントシリーズ第2戦!


画像
画像
2014年(タイム良1.08.6 前半34.2 / 後半34.4)


画像
画像
2015年(タイム重1.09.1 前半33.4 / 後半35.7)


画像
画像
2016年(タイム良1.07.2 前半33.8 / 後半33.4)


画像
画像
2017年(タイム良1.08.0 前半33.2 / 後半34.8)


画像
画像
2018年(タイム良1.07.0 前半32.7 / 後半34.3)


【C B C 賞】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18- -10-84位- -11-106位- -2-216位
17- -16-151位- -2-211位- -1-116位
16- -9-91位- -2-25位- -1-19位
15- -14-123位- -10-95位- -13-124位
14- -7-71位- -2-211位- -7-76位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定前 半優勢推定前 半優勢

画像
ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

狙いは中枠からしっかり差せる馬!?

中京改装後の12年、13年はマジンプロスパーが好位から抜け出して連覇を達成。その後の近5年の勝ち馬はすべて4角7番手以降から差し切っており、勝ち馬の4頭が上がり32~33秒台をマークしている。「上がり最速馬」は3勝。18年は1分7秒0の高速決着で、アレスバローズが上がり33秒2をマークして差し切り勝ち。時計&上がり勝負への対応力が必要となっている。連対馬の9頭までが6~11番手枠で、極端な枠は割り引いて考えたい。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、33.5秒/34.5秒。(前後差△1.0) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が3連対、10番手以降3連対。
「上がり最速馬」 3連対(上がり5位以内4連対)。



◎レッドアンシェル

レッドアンシェルは初めての1200㍍戦の前走・彦根Sが強いレース。好スタートから前半34秒3の流れを楽に3番手追走して、上がり32秒8をマークして0秒4差V。レースラップのラスト2ハロン10秒9-11秒2も優秀といえる。

近4走すべて1400㍍以下で上がり3位以内をマークして3着以内に好走。重賞ではGⅢ・アーリントンCで2着、京都金杯で3着の実績あり。1200㍍なら「推定後半3ハロン」的には、上がり33秒0前後をマークして勝ち負けできるとみた。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《9⇒2,4,13,8》

画像
徹底的に重賞レースを極める!】

◎レッドアンシェル


レッドアンシェルは、前走・初の芝1200メートル戦 彦根S(1600万下・京都・芝1200㍍)を、先行策を取りながら、上がり3ハロン32秒8(推定)と速い上がりで完勝。中京競馬場は初めてだが、同じ左回りの東京でNHKマイルC4着(良)、富士S4着(不良)の成績があり、馬場状態に影響されない強みもあり、軸馬として期待したい!


ワイド】で(9⇒4,5,6,7,8,10)

画像
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント