【プロキオンS(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

画像
プロキオンSG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

歴代優勝馬がビッグレースで
好走している注目の一戦!!


画像
画像
2014年(タイム稍重1.22.6 前半34.7 / 後半36.1)


画像
画像
2015年(タイム良1.22.5 前半34.6 / 後半35.9)


画像
画像
2016年(タイム稍重1.22.1 前半34.1 / 後半36.7)


画像
画像
2017年(タイム良1.22.9 前半34.2 / 後半36.9)


画像
画像
2018年(タイム不良1.20.3 前半33.5 / 後半35.6)


【プロキオンS】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18- -1-15位- -10-113位- -2-29位
17- -13-121位- -12-92位- -10-73位
16- -2-26位- -7-74位- -12-111位
15- -4-44位- -1-111位- -7-76位
14- -10-93位- -9-85位- -5-58位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

プロキオンステークスc.jpg
ハイブリッド指数活用術予想>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

前傾ラップの高速決着。時計の無い馬は苦しい!?

12年から中京1400㍍戦へ変更。過去5年の前後半の平均は34秒2-36秒2、前傾2秒0のハイペース。前半3ハロンは前半33~34秒台と速く、5年すべて1秒3以上の前傾ラップとなっている。その結果、4角7番手以降が6連対している。中団から上位の上がりをマークできるタイプが優勢。昨年は1分20秒3のレコード決着となっており、最低でも1分22秒台の持ち時計は欲しい。同じ芝スタート&直線が坂の阪神コースが得意な馬が強い。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、
34.2秒/36.2秒。(前後差△2.0) 

連対馬の4角位置は、
4角5番手以内が4連対、10番手以降2連対。

「上がり最速馬」 1連対(上がり5位以内4連対)。


◎ミッキーワイルド

ミッキーワイルドは前走・麦秋Sが4コーナー6番手→上がり最速35秒5をマークして0秒7差V。勝ち時計1分23秒5は同開催の良馬場では断トツで速い。ダート路線へ変更後は7戦すべて3着以内に好走。ダートでは底を見せておらず、目下2連勝中の勢いにかけてみたい。

《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《12⇒10,9,4,14》

画像
徹底的に重賞レースを極める!】

◎アルクトス


アルクトスは、中京コースを走るのは今回が初めてだが、東京と同じ左回りで、直線の距離も十分。さらに、コーナー通過が2回のダート1400㍍なら、期待したい!


馬 連】で(10⇒5,8,9,12,13,14)
プロキオンSa.jpg

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント