<ユニコーンS(G3)回顧>

本日(19時)の更新メニュー
画像

日曜6月16日)東京11RユニコーンS

の結果をニッカンコンピ指数&ハイブリッド指数で検証、

そして、攻略法を検討しています。



ユニコーンSの指数の結果
指数順12345678910111213141516
東京11R
ユニコーンS
06
84
08
74
14
59
03
58
01
57
11
56
13
52
10
51
04
47
15
46
02
42
07
41
12
40
05

09



(上段=馬番, 中段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)


画像
日曜6月16日  3回東京6日目11R

ユニコーンS
G3


(ダート1600m)(3歳オープン)(別定)

画像
初ダートのワイドファラオが押し切りV
重賞2勝目!!


画像
16日、東京競馬場で行われたユニコーンS(3歳・GIII・ダ1600m)は、先手を取った福永祐一騎手騎乗の3番人気ワイドファラオ(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)が、そのまま直線に入って、外から差を詰める2番人気デュープロセス(牡3、栗東・安田隆行厩舎)をアタマ差凌いで優勝した。勝ちタイムは1分35秒5(重)。
画像
さらに3馬身差の3着に6番人気ダンツキャッスル(牡3、栗東・谷潔厩舎)が入った。なお、1番人気デアフルーグ(牡3、美浦・鈴木伸尋厩舎)は7着に終わった。
画像
勝ったワイドファラオは、父ヘニーヒューズ、母ワイドサファイア、その父アグネスタキオンという血統。初ダートの一戦を見事に制し、4月のニュージーランドTに続く2つ目の重賞タイトルを獲得した。


レース後のコメント

画像
1着①ワイドファラオ(福永祐一騎手)
「いい枠順だったので、スタート次第では逃げることを考えていましたし、リズムよくマイペースで進められました。最後は並ぶ形になりましたが、よくしのいでくれて気持ちの強い面を出してくれましたし、初ダートで勝つのですからこのままGIの舞台までいけると思います」

画像
2着⑧デュープロセス(M.デムーロ騎手)
「馬は頑張ってくれたけれど…。相手が強かった。しょうがない」

(安田隆行調教師)
「惜しかったですね。最後はクビの上げ下げの差で、力を見せてくれました。次については未定です」

画像
3着⑪ダンツキャッスル(幸英明騎手)
「ゲートを出なくて、やっと3番手につけた感じ。もっと楽に先手を取りたかった」

画像
4着⑩ヴァニラアイス(田辺裕信騎手)
「短距離を使っていたので、楽にいいポジションを取れた。ペースも味方して頑張ってくれた」

5着④エルモンストロ(蛯名正義騎手)
「速い脚はないけれど、競馬が上手。折り合いもついて、成長している」

6着⑮アシャカトブ(大野拓弥騎手)
「追走に苦労したが、エンジンがかかってからはいい脚を長く使った」

7着⑥デアフルーグ(津村明秀騎手)
「伸びなかった。位置取りはあんなもので、外に出してから…と思ったが、止まってしまった。理由が分からない。疲れがあったのかも」

8着⑦ザディファレンス(野中悠太郎騎手)
「スタートが良くなかった。じりじり脚を使っているが、現状では1400メートルの方がいい感じ」

9着⑭ノーヴァレンダ(北村友一騎手)
「向こう正面まではスムーズだったが、コーナリングが悪く外にもたれた。それを直すのに力を使ったぶん伸びを欠いた」

10着⑬ニューモニュメント(石橋修騎手)
「スタートがうまかったので、勝つ気で乗って、デュープロセスから離れないようにした。ただ、いつもと違う競馬をしたせいか最後はダラダラとした走りになった」

画像
11着③ヴァイトブリック(戸崎圭太騎手)
「少しテンションが高く、ゲートで遅れて位置が後ろになった。それでも最後は、もう少し伸びてくれてもよかった」

12着⑫オンザウェイ(柴田善臣騎手)
「返し馬から走りのバランスが良くなかった。疲れが残っていたのかも」

13着②イメル(丸山元気騎手)
「相手が強く、距離も長かった印象」

除外⑤サトノギャロス

除外⑨ロードグラディオ
画像


画像

徹底的に重賞レースを極める!】
(結果報告)
画像
軸馬ヴァイトブリック、痛恨の出遅れ…。
直線で追い上げるも届かず(11着)…(ノД`)・゜・。






次回の重賞レースは
宝塚記念】(G1)(日刊コンピ篇


最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント