【函館スプリントS(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

画像
函館スプリントSG1)】
過去5年 ハイブリッド指数

伏兵の台頭が目立つ
サマースプリントシリーズ開幕戦!!


画像
画像
2014年(タイム良1.08.5 前半33.8 / 後半34.7)


画像
画像
2015年(タイム良1.08.3 前半33.0 / 後半35.3)


画像
画像
2016年(タイム良1.07.8 前半33.4 / 後半34.4)


画像
画像
2017年(タイム良1.06.8 前半32.2 / 後半34.6)


画像
画像
2018年(タイム良1.07.6 前半33.1 / 後半34.5)


【函館スプリントS】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18- -1-113位- -6-56位- -3-39位
17- -6-52位- -7-75位- -7-93位
16- -2-211位- -4-44位- -7-74位
15- -16-141位- -14-142位- -11-123位
14- -9-63位- -12-131位- -12-101位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

画像
ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

近年は函館とは思えないほどの高速化!?

17年は前半3ハロン32秒2の函館の芝での史上最速ラップとなって、1分6秒8のレコード決着。過去5年の平均でも前後半33秒1-34秒7と前半が1秒6も速い。その影響もあってか、16年&17年は軽量50㌔の3歳牝馬が勝利。2連続開催の後半に行われるが、以前ほど馬場の内が荒れない。14年、15年は上がり1~3位が1~3着を独占しており、ペースに左右される面は大きい。いずれにせよ、近年は高速決着への対応力が要求される。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、33.1秒/34.7秒。(前後差△1.6) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が5連対、10番手以降3連対。
「上がり最速馬」 2連対(上がり5位以内5連対)。



◎タワーオブロンドン

過去5年の平均でも前後半33秒1-34秒7と前半が1秒6も速いが、勝ち馬の4頭が4角6番手以内。近年は高速決着への対応力が要求される。ただ、今年は7頭立てで、Sペースが濃厚。

タワーオブロンドンは、前走・京王杯スプリングCで久々の重賞制覇。今回初めての1200mがどうかだが、時計の速い決着は得意としているだけに、瞬発力勝負に期待!


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《13⇒11,2,10,7》

画像
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ペイシャフェリシタ


函館は暴風雨の予報まで出ていて荒れ模様。ペイシャフェリシタは重馬場での勝利もあり、洋芝得意なら狙い目!?


ワイド】で(2⇒1,11,13)

画像
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント