【ユニコーンS(G3)】(2019日刊馬番コンピ活用術予想篇)

画像
ユニコーンS特別登録馬

6月16日(日)、東京競馬場で行われる第25回ユニコーンS(3歳 国際 別定 ダ1600m)の登録馬が発表された。砂の頂点目指しデュープロセス、デアフルーグ、ノーヴァレンダなど17頭。登録馬と想定騎手は以下の通り。


登録馬:17頭】【フルゲート16頭】

賞金上位馬

(牡3)ワイドファラオ 57 福永祐一
(牡3)デュープロセス 56 M.デムーロ
(牡3)ノーヴァレンダ 56 北村友一
牝3)ヴァニラアイス 54 田辺裕信
(牡3)デアフルーグ 56 津村明秀

(牡3)ヴァイトブリック 56 戸崎圭太

【以下、抽選対象馬(10/11)
(牡3)アシャカトブ 56 大野拓弥
牝3)アッシェンプッテル 54 ○○
(牡3)イメル 56 ○○
(牡3)エルモンストロ 56 三浦皇成
(牡3)オンザウェイ 56 柴田善臣

(牡3)ザディファレンス 56 野中悠太郎
(牡3)サトノギャロス 56 川島信二
(牡3)ダンツキャッスル 56 幸英明
(牡3)ニューモニュメント 56 石橋修
(牡3)ブルベアイリーデ 56 ○○

(牡3)ロードグラディオ 56 内田博幸
ユニコーンS 展 望》

6月に移動してから18年。勝ち馬にはユートピア、カネヒキリ、ベストウォーリア、ノンコノユメ、ゴールドドリーム…数々のダートの王者たちを送り出してきたユニコーンS。2着馬からもフェブラリーSを制したグレープブランデーが出ているように、負けた馬の中にも先々日本のダート界を背負っていくような馬が登場する可能性がある。昨年の勝ち馬はルヴァンスレーヴ。王者の系譜に続く馬は誰か、今年も目が離せないレースとなるだろう。

画像
現在4連勝中、英国生まれのダイワメジャー産駒デュープロセス(牡3、栗東・安田隆厩舎)が5連勝での重賞制覇を狙う。前走の青竜Sは外枠も良かったとはいえ、スムーズに流れに乗って押し切った。好位に取りつき押し切る横綱相撲だけでなく、2走前の昇竜Sのように追い込んでも競馬ができる脚質の幅広さは魅力的だ。

前走の青竜Sでデュープロセスに敗れ、4戦目にして初めて土がついたのがデアフルーグ(牡3、美浦・鈴木伸厩舎)。ただ青竜Sは初めての内枠、初めての東京、初めてのマイル、初めての芝スタートと、初物づくし。それでも内から鋭く伸びたあたり、高いポテンシャルを秘めている。枠が変わればデュープロセスとの着順は逆転可能だろう。

昨年の全日本2歳優駿を制したノーヴァレンダ(牡3、栗東・斉藤崇厩舎)も実力上位。新馬戦こそ競走を中止したが、未勝利を圧勝すると、3連勝でダート2歳王者となったようにポテンシャルは高い。前走は初めて砂を被る形になり、チグハグな競馬となってしまったのが痛かった。左回りのマイルに戻って砂を被らなければ、巻き返す余地はありそうだ。

好時計で連勝中のサトノギャロス(牡3、栗東・西園厩舎)、端午Sを内枠から好位に取りついて完勝したヴァニラアイス(牝3、栗東・高柳大厩舎)らダート実績馬に加え、芝の重賞であるニュージーランドTを勝ったワイドファラオ(牡3、栗東・角居厩舎)なども参戦予定のユニコーンS!

東京 ダート1600mコース 分析》

芝のポケット部分からスタートしてダートコースに入るまで芝を150mほど走るのだが、内と外では外の方がおよそ30m芝部分が長く、スピードが付きやすいため、外枠が有利とされる。芝でスピードに乗せる必要があるため、出遅れは致命的。スタートを決めることが出来るかが勝負の分かれ目となる。

最初のコーナーまでの距離はおよそ640m。長い距離を走ることになるが、スローペースになることは少ない。条件クラスでは前半のラップはさほど変わらないが、クラスが上がるほど中盤~ラストの流れが厳しくなり、スピードとタフさが要求される。

基本的には逃げ・先行が有利だが、東京ダート1300m~1400mに比べると逃げ切りの割合は少なく、上級クラスになると後方からの差し・追い込みも届く。


データ
オープン平均タイム (1.36.3)
オープン平均レースラップ 前半3F(35.2秒):後半3F(36.1秒)


ポイント
やや堅く決まりやすいコース!
逃げ・先行がどちらかと言えば有利なコース
枠順では外枠が有利で、特に8枠が好成績。


特注種牡馬
Tapitが抜群の好成績。
画像
参考ステップレース
青竜S(OP)
2019/5/12 東京 ダ1600m
1着デュープロセス(M.デムーロ)
2着デアフルーグ(津村明秀)
3着ニューモニュメント(福永祐一)

伏竜S(OP)
2019/3/31 中山 ダ1800m
1着デアフルーグ(津村明秀)
2着マスターフェンサー(内田博幸)
3着ラインカリーナ(武藤雅)

昇竜S(OP)
2019/3/10 中京 ダ1400m
1着デュープロセス(M.デムーロ)
2着ニューモニュメント(柴山雄一)
3着ヴァニラアイス(幸英明)

ユニコーンS】(G3
(2019日刊(馬番)コンピ活用術予想篇)

ユニコーンS過去10年間(09~18)ニッカン馬番コンピ指数の結果
指数順123456789101112131415161718
09/06/06
3東京5
01
84
12
76
09
59
05
56
07
55
10
54
04
53
13
52
06
51
16
50
03
49
15
48
02
47
11
46
08
41
14
40


10/06/06
3東京6
13
90
01
68
12
59
15
56
16
55
09
53
03
52
05
51
04
50
08
49
06
48
14
47
07
46
10
45
11
41
02
40


11/06/04
3東京5
09
88
14
64
16
59
11
58
15
57
07
56
04
53
01
51
05
49
12
48
03
47
02
46
10
43
06
42
08
41
13
40


12/06/03
3東京2
04
81
08
71
16
63
06
60
07
58
11
53
14
52
12
51
15
50
03
49
02
46
13
44
10
43
09
42
05
41
01
40


13/06/16
3東京6
07
84
06
68
12
66
10
57
03
56
01
55
15
52
04
51
14
48
13
47
09
46
05
43
08
42
02
41
11
40



14/06/22
3東京6
02
88
09
73
07
59
15
56
11
55
04
54
08
53
03
52
12
51
01
50
10
49
16
48
06
47
05
46
14
41
13
40




15/06/21
3東京6
12
88
10
69
06
59
14
58
04
56
01
54
07
53
02
51
05
50
15
49
13
48
16
47
11
46
03
42
09
41
08
40




16/06/19
3東京6
13
84
12
74
14
65
11
56
04
55
10
54
06
53
01
50
16
49
07
48
15
47
08
46
09
43
03
42
05
41
02
40




17/06/18
3東京6
04
90
15
68
07
65
02
55
08
54
13
53
09
52
05
51
10
50
03
49
06
48
01
47
11
46
16
42
14
41
12
40




18/06/17
3東京6
14
84
07
72
05
64
09
57
08
56
13
55
03
54
11
53
06
52
12
51
10
50
02
49
15
48
04
47
16
41
01
40




(上段=馬番, 下段=コンピ指数値
(淡桃=1着,淡青=2着,淡黄=3着)

ユニコーンS過去10年間(09~18)ニッカン馬番コンピ指数順位の結果
画像

ユニコーンS過去10年間(09~18)ニッカン馬番コンピ指数値の結果
画像

日刊(馬番)コンピ活用術(予想)>

過去10年で1番人気(4-3-0-3/10)勝率40%/連対率70%/複勝率70% と好成績。優勝馬の他6頭も3番人気以内で、大波乱の要素は少ない。今年も本命レースと予想する。

ポイントは、馬番コンピ指数1位の取り扱い?過去10年(3-2-1-4/10)勝率30%/連対率50%/複勝率60% と若干信頼できない。では、指数2位(4-2-2-2/10)勝率40%/連対率60%/複勝率80% と好成績なのに、昨年は馬券に絡んでいない。今年は狙い目のはず!?


《コンピ勝負予想》 2点勝負レース!

単 勝】【複 勝】で
馬番コンピ指数2位を各1点。



※個人的に楽しんで毎週予想を発信しているだけですので、これらの情報を参考に馬券を購入することは、皆様の自己責任となりますので、よろしくお願いします。<(_ _)>




今 週 の 重 賞
6月16日(
京都11R【ユニコーンSG3)】


東京11R【函館スプリントSG3)】


当日(6/16)2019ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング