【エプソムカップ(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

画像
エプソムカップG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

秋の大一番を目指す中距離馬による一戦!


画像
画像
2014年(タイム良1.46.2 前半35.9 / 後半34.2)


画像
画像
2015年(タイム良1.45.4 前半35.6 / 後半34.6)


画像
画像
2016年(タイム良1.46.2 前半36.3 / 後半33.9)


画像
画像
2017年(タイム良1.45.9 前半36.1 / 後半34.5)


画像
画像
2018年(タイム重1.47.4 前半35.4 / 後半35.9)


【エプソムカップ】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18-3-6-63位-12-13-131位-10-8-82位
17-5-2-34位-2-2-34位-1-1-111位
16-8-9-91位-14-12-112位-1-1-115位
15-1-1-16位-4-4-43位-10-10-82位
14-4-8-91位-2-2-25位-8-10-103位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定前 半優勢推定後 半優勢

画像
ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

ペースが緩みやすく、逃げ・先行馬を警戒!?

過去5年の前後半の平均は35秒9-34秒6、後傾1秒0以上のスローペースが4回もある。その結果、4角5番手以内が5連対を占めており、16年マイネルミラノ、17年マイネルハニーは6番人気で3着に逃げ粘っている。その一方、過去5年で「上がり最速馬」が2勝、2着1回、16年はルージュバックが上がり最速32秒8をマークして差し切り勝ち。18年は上がり1~3位が1~3着。近年の馬場なら上がり33秒台への対応力が必要不可欠。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.9秒/34.6秒。(前後差0.7) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が5連対、10番手以降2連対。
「上がり最速馬」 3連対(上がり5位以内6連対)。



◎ソーグリッタリング

過去5年の前後半の平均は35秒9-34秒6、後傾1秒0以上のスローペースが4回もある。そして、今年は逃げ&先行馬が少ないメンバー構成。

ソーグリッタリングの近2走は、いずれもオープン特別で上がり最速をマーク勝利している。特に前走・都大路Sは好位追走から、危なげなく押し切って1分44秒6の好時計で0秒3差V。目下の充実ぶりなら、重賞でも先行力&末脚は上位とみる。好位抜け出しを期待したい。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《4⇒8,7,9,6》

画像
徹底的に重賞レースを極める!】

◎アップクォーク


アップクォークの父はケープクロスを経由してダンチヒの血を引くベーカバド。兄のストレンジクォークが中山巧者だったのに対して、こちらは東京開催で馬券内を外したことがないという東京巧者。左回りの芝1800~2000㍍で全5勝を挙げているように、舞台替わりはプラス材料。ここはベストの舞台で、軽視禁物!?


ワイド】で(5⇒4,6,7,8,9,14)

画像
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント