【マーメイドS(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

画像
マーメイドSG3)】
過去5年 ハイブリッド指数

高額配当決着が続く
牝馬限定のハンデキャップ競走!


画像
画像
2014年(タイム良1.59.4 前半35.9 / 後半34.8)


画像
画像
2015年(タイム良2.00.5 前半36.6 / 後半34.7)


画像
画像
2016年(タイム良1.59.3 前半34.9 / 後半35.7)


画像
画像
2017年(タイム良1.59.5 前半36.0 / 後半35.0)


画像
画像
2018年(タイム良1.59.1 前半35.3 / 後半35.0)


【マーメイドS】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
18-9-11-91位-6-7-92位-5-4-44位
17-4-3-25位-5-5-54位-7-7-92位
16-3-2-17位-14-14-111位-2-3-55位
15-13-15-141位-11-7-56位-15-11-113位
14-8-7-71位-2-2-110位-11-11-92位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定後 半優勢推定後 半優勢推定後 半優勢

画像
ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

軽ハンデ馬が上がり最速を繰り出して激走する!?

過去5年の前後半の平均は35秒7-35秒0、後傾ラップが4回もある。「4角先頭馬」は14年コスモバルバラが2着、16年リラヴァティが1着と好走。連対馬の5頭が4角5番手以内で立ち回っている。その一方、「上がり最速馬」は3勝、2着1回。51~53㌔の軽ハンデ馬が上がり最速をマークして好走しており、格上挑戦でも互角に戦えている。勝ち時計は18年1分59秒1がもっとも速く、それほど速い時計&上がりは要求されない。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.7秒/35.0秒。(前後差0.7) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が4連対、10番手以降2連対。
「上がり最速馬」 4連対(上がり5位以内5連対)。



◎ダンサール

過去5年の「上がり最速馬」はすべて51~53キロの軽ハンデで、3勝&2着1回と好走している。

注目は前走が条件戦で上がり最速をマークの4頭で、そのなかでもダンサールを狙ってみたい。

前走・鹿野山特別が4コーナー先頭から、直線は後続を突き放して0秒6差V。上がり最速34秒3は同日&同舞台の皐月賞の勝ち馬サートゥルナーリアの34秒1とほぼ互角。

阪神2000mでは2戦ともに4コーナー2番手以内から、上がり3位以内をマークして連対しており、坂のあるコースの内回りがベスト。3勝クラスの身で軽ハンデ51キロが魅力だ。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《13⇒11,4,5,16》

画像
徹底的に重賞レースを極める!】

◎モーヴサファイア


モーヴサファイアは、近親にマリアライト(宝塚記念、エリザベス女王杯優勝馬)やクリソライト(ジャパンダートダービー優勝馬)などの活躍馬がずらりと並ぶ、名門牝系の出身。今回は、前走で勝利した舞台。全5勝中3勝を芝2000㍍で挙げていることから、条件はベストだけに期待したい!


ワイド】で(11⇒3,4,5,13,15,16)

画像
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント