【鳴尾記念(G3)】(2019ハイブリッド指数活用術予想篇)

画像
鳴尾記念G3)】
過去5年 ハイブリッド指数

新興勢力と実績馬が激突する
宝塚記念の前哨戦!!


画像
画像
2014年(タイム良1.59.1 前半35.7 / 後半35.0)


画像
画像
2015年(タイム良1.58.8 前半35.6 / 後半35.4)


画像
画像
2016年(タイム良1.57.6 前半35.9 / 後半35.1)


画像
画像
2017年(タイム良1.59.4 前半36.9 / 後半34.1)


画像
画像
2018年(タイム良1.57.2 前半34.2 / 後半35.3)


【鳴 尾 記 念】(通過位置)(上がり順位)
開催1着馬3F2着馬3F3着馬3F
185-5-5-41位5-5-5-41位7-7-8-73位
171-1-1-15位5-5-5-51位3-3-3-37位
164-4-3-24位8-8-6-62位4-6-6-64位
155-5-5-52位9-9-10-111位8-8-7-63位
149-9-8-71位3-3-3-35位9-9-10-101位
共通1着馬の傾向2着馬の傾向3着馬の傾向
分析推定前 半優勢推定前 半優勢推定後 半優勢

画像
ハイブリッド指数活用術(予想)>
(~競馬王 京大式推定3ハロン~より一部抜粋)

34秒台の上りでも間に合うレース!?

「4角先頭馬」は17年ステイインシアトルが勝利。勝ち馬はすべて4角7番手以内で立ち回っている。基本的に阪神の内回りコースは内を立ち回る馬が有利。その一方、18年の上がり1位タイのワン・ツーを含め、連対馬はすべて上がり5位以内をマークしている。後傾ラップが4回あるにも関わらず、上位の上がりは要求される。好位から上位の上がりを使えるタイプが有利。上がりの掛かる舞台なので、上がり33秒台までは要求されない。


過去5年の前半/後半3Fの平均は、35.7秒/35.0秒。(前後差0.7) 
連対馬の4角位置は、4角5番手以内が7連対、10番手以降1連対。
「上がり最速馬」 5連対(上がり5位以内7連対)。



◎メールドグラース

近4年の勝ち馬は4コーナー5番手以内→上がり5位以内をマーク。開幕週の内回り戦で好位追走→上位の上がりをマークできるタイプが優勢。実際、5年連続して前後半5傑入りが連対しており、今年は2頭が該当している。

メールドグラースは「推定前半3ハロン」5位&「推定後半3ハロン」1位に該当。

新潟大賞典で1分58秒台の時計の速い決着、上がり33秒台の上がりの速い決着に対応して初重賞制覇。それ以前の2戦は4コーナー4番手→上がり最速をマークして勝利している。今回のメンバーで近3走以内に上がり最速をマークしているのは同馬だけ。小倉+阪神内回りで3勝をあげており、直線が短い舞台も問題ないはず。


《ハイブリッド勝負予想》 各4点勝負レース!


馬 連】【馬 単】で《7⇒3,4,6,9》

画像
徹底的に重賞レースを極める!】

◎ギベオン


ギベオンは、前走のG3ダービー卿CTでは最重量となる57.5㌔を背負いながら、着差0.3秒5着。今回は斤量1.5㌔減、阪神コース2戦2連対と得意としているだけに、期待したい!


ワイド】で(3⇒2,4,5,6,7,9)

画像
最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント