【東京新聞杯(G3)】(2019血統データ活用術予想篇)

画像
東京新聞杯に関する血統データ

種 牡 馬 篇(東京新聞杯限定)
芝中距離指向のキレに優れた血統!
父ディープインパクト、Tサンデー系。
キングマンボ系×サンデー系も注目。


過去10年成績
画像
過去10年で3勝と好相性なのがタニノギムレット産駒。スマイルジャックが5回、アブソリュートが2回出走、そして17年の勝ち馬ブラックスピネルと出走したのは3頭で8回。3頭いずれも勝鞍を挙げている。このコースはいかにも合うイメージのディープインパクト産駒は2勝、2着4回とイメージ通りの好成績。キングカメハメハ産駒は勝鞍こそないが、2着と3着がそれぞれ2回と4度の馬券絡み。


出走予定馬
画像

母 父 馬 篇(東京新聞杯限定)
過去10年成績
画像
東京芝マイル戦と言えば圧倒的にサンデーサイレンス系で、2012年以降の3着以内馬はすべてサンデー血を内包。2014年以降は出走馬が最低限連対を確保。2016年はワンツーを決めている。


出走予定馬
画像
まとめ篇

該当馬(父ディープインパクト)=
サトノアレス、リライアブルエース、レッドオルガ

該当馬(父Tサンデー系)=
インディチャンプ、レアリスタ、ロジクライ

該当馬(父Tサンデー系×母父キングマンボ系)=
インディチャンプ
先 週 の 回 顧

愛知杯
4着ウラヌスチャーム=父キングマンボ系=大系統ミスプロ系に該当

根岸ステークス
1着コパノキッキング=母父Dサンデー系系に該当 
3着クインズサターン=父米国型エーピーインディ系に該当
4着モーニン=米国型母父フォーティナイナー系=大系統ミスプロ系に該当

シルクロードS
1着ダノンスマッシュ=父キングマンボ系大系統ミスプロ系に該当 
3着ティーハーフ=父ミスプロ系大系統ミスプロ系に該当
4着アンヴァル=父キングマンボ系大系統ミスプロ系に該当






今 週 の 重 賞
2月3日(
東京11R【東京新聞杯G3)】


京都11R【きさらぎ賞G3)】

当日(2/3)2019ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント