【京成杯(G3)】(2019血統データ活用術予想篇)

画像
京成杯に関する血統データ

種 牡 馬 篇(京成杯限定)
芝短距離指向の血!
Pサンデー系、ヘイロー系、プリンスリーギフト系の血を持つ馬。

過去10年成績
画像
父Pサンデー系は、17年父ダノンシャンティのガンナリュート7人気2着。14年父デュランダルのプレイアンドリアル5人気1着。13年も父アグネスタキオンのアクションスター5人気2着。馬券にはならなかった17年15人気4着ジュニエーブルも父がPサンデー系のスズカフェニックスで母父は芝1200G1で強いスウェーブトオーヴァーボード。16年も父キンシャサノキセキで母父ニホンピロウイナーのアドマイヤモラールが10人気4着。

出走予定馬
画像

母 父 馬 篇(京成杯限定)
過去10年成績
画像
中山芝2000m戦はサンデーサイレンス系が好調。2008年以降はサンデーサイレンス系産駒が5勝、2着6回、3着6回の成績。ただし、ホープフルSの重賞化などによる出走メンバーのレベル低下を受けてか、2015年以降はベルーフ、プロフェットとハービンジャー産駒が2勝、また2015年2着ブラックバゴ、2017年1着コマノインパルスとバゴ産駒が活躍するなど、傾向に変化が出始めてきている。これらの4頭はすべて母系にサンデーの血が入っており、サンデーを無視するわけにはいかないが、年々影響力が低くなっていく可能性はある。なお、2018年の上位3頭はすべて非サンデー系だった。

出走予定馬
画像

まとめ篇

該当馬(父Pサンデー系)=マードレヴォイス

該当馬(母父ヘイロー系)=クリスタルバローズ
先 週 の 回 顧

中山金杯
3着タニノフランケル=父欧州型、母父ロベルト系に該当

京都金杯
2着マイスタイル=サンデー系に該当 
3着ミエノサクシード=サンデー系に該当

シンザン記念
2着マイネルフラップ=母父ヘイロー系に該当 
3着ミッキーブリランテ=母父ダンチヒ系に該当




今 週 の 重 賞
1月12日(
中山11R【フェアリーSG3)】

1月13日(
京都11R【日経新春杯G2)】

1月14日(
京都11R【京成杯G3)】

当日(1/14)2019ハイブリッド指数活用術予想篇

朝(7時頃)、更新予定

徹底的に重賞 レースを極める!

最後まで御覧いただき、ありがとうございます。
ネットユーザーの方々、応援クリック
よろしくお願いします。

人気ブログランキング

この記事へのコメント